MFブックス<br> 勇者パーティーを追い出された補助魔法使いは自分の冒険を始める〈1〉

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

MFブックス
勇者パーティーを追い出された補助魔法使いは自分の冒険を始める〈1〉

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2023年12月10日 21時49分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 259p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046804341
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

女神の神託を受け賢者となったエトウは、同じく剣聖に選ばれた幼馴染みのラナとともに勇者パーティーで活動していた。しかし彼は、得意分野である補助魔法の使用を禁止され、勇者たちからは実力不足の烙印を押される。さらにラナからもひどい誤解をされたエトウは、勇者パーティーから離れることを決意する。
一介の冒険者となったエトウは、禁止されていた補助魔法の力を証明する、自分の冒険を始める。人間関係に疲れた彼がパーティーメンバーとして選んだのは、オーガ族のアモーら、人間族ではない奴隷たちだった。
希少種・赤目が率いるゴブリンの大群との対峙、そして勇者との再会――信頼できるパーティーを得たエトウは、補助魔法本来の力を駆使し、自らの冒険を歩んでゆく!

内容説明

女神の神託を受け賢者となったエトウは、同じく剣聖に選ばれた幼馴染みのラナとともに勇者パーティーで活動していた。しかし彼は、得意分野である補助魔法の使用を禁止され、勇者たちからは実力不足の烙印を押される。さらにラナからもひどい誤解をされたエトウは、勇者パーティーから離れることを決意する。一介の冒険者となったエトウは、禁止されていた補助魔法の力を証明する、自分の冒険を始める。人間関係に疲れた彼がパーティーメンバーとして選んだのは、オーガ族のアモーら、人間族ではない奴隷たちだった。希少種・赤目が率いるゴブリンの大群との対峙、そして勇者との再会―信頼できるパーティーを得たエトウは、補助魔法本来の力を駆使し、自らの冒険を歩んでゆく!

著者等紹介

芝いつき[シバイツキ]
「小説家になろう」にて『勇者パーティーを追い出された補助魔法使いは自分の冒険を始める』を掲出、人気を博す。『勇者パーティーを追い出された補助魔法使いは自分の冒険を始める』が初の書籍化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ironas

3
Kindle Unlimitedで読了。2023/10/28

emopit

0
穏やかなザマァ系。 バフ、デバフは楽しいよね!2022/11/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17825495
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。