MF文庫J<br> 聖剣学院の魔剣使い〈6〉

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

MF文庫J
聖剣学院の魔剣使い〈6〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月04日 14時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 295p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046801647
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「レオ君―君は、一体何者なの?」“死都”での任務より帰還したレオニスを待っていたのは、リーセリアによる質問攻めだった。魔王の秘密は遂にバレてしまうのか!?一方、咲耶の周囲では“桜蘭”出身の武装傭兵団が“第〇七戦術都市”を巻き込む恐ろしい計画を実行しようとしていた。かつての同胞を止めるため、ひとり奔走する咲耶は、謎の魔王(※レオニス)に接近する。「魔王の力を貸りるには、それなりの対価が必要だな」「え、えっちな要求か?」「違う!」明かされる“桜蘭”滅亡の真実。姿を現した咲耶の姉。そして、レオニスの師にして“六英雄”最強の“剣聖”が目を覚ます―!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

34
桜蘭出身の武装傭兵団が〈第〇七戦術都市〉を巻き込む恐ろしい計画を進めていることを知らされる咲耶。かつての同胞を止めるためひとり奔走する咲耶は、力を借りるため魔王に接近する第六弾。今回は〈桜蘭〉の元王女でもある咲耶メインの回で、彼女や桜蘭の過去の因縁も明らかになってゆく展開でしたけど、やや不穏な気配もあった彼女やレニオスは今後に向けたターニングポイントだったかなと。気になる謎も多いリーセリアや、意外と食いしん坊だった勇者・アルーレの動向も気になるところですが、次は竜王・ヴィエラメインの回になりそうですかね。2021/01/23

げんごろう

15
咲耶の壮絶な過去を窺い知ると共に、強さ、気高さ、可愛らしさを兼ね揃えた彼女の魅力も十分に堪能できました。 敵も強くなってきましたがレオ君自身にも変化が見られる等、バトル面は更に激しくなりそう。非常に楽しみです。あと胸枕、大歓迎です。2021/02/04

真白優樹

10
レオニスがリーセリアに詰問される中、同胞達の暴走を止めたい咲耶がレオニスに接触してくる今巻。―――聖なる最強は闇に堕ち、修羅は魔より力を手に入れる。今まで本筋に絡んでこなかった咲耶に焦点を当て彼女の過去と絡め、前巻で登場した彼女の姉、刹羅の正体も判明させる巻であると共に、最強の統率体に苦戦するレオニスが新たな力を手に入れる、新たな謎と更なる戦いが熱さを齎してくれる巻である。新たな力を手に入れれど、敵は未だ巨大なり。今まで通りでは勝てなくなりつつある中、レオニスが取る手は。 次巻も勿論楽しみである。2021/01/30

MERLI

6
今までは戦闘シーンばかり目立っていた咲那がメインのお話でしたね、お姉さんぶる仕草とか彼女の過去とか…ただの戦闘狂ではなかったのですね。レオの方は段々と正体が露見し始めて(バレない方がおかしいけど)きたし、戦闘においても最強とも言えなくなっているような。得体の知れない敵と進歩しすぎた技術に対しこれからどういう対処をしていくのでしょうか。2022/02/02

7MHz

6
メンバーの中でも特に謎が多い咲耶に焦点があたった回。彼女の過去も明らかになる。 剣鬼衆の暗躍、新しい能力、姉刹羅との邂逅と話題満載のなかレオにとってまさかの強敵との遭遇で、苦戦を強いられる。その時彼を救ったのは、○○覚醒。終始飽きさせない展開で面白かった。2021/12/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17219887

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。