MF文庫J<br> 殺したガールと他殺志願者

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

MF文庫J
殺したガールと他殺志願者

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月25日 19時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 296p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046800756
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

『最愛の人に殺されたい』と願う高校生・淀川水面は、死神を名乗る女から一人の少女を紹介される。
「貴方が殺されたい人ですか?」出会い頭にそんなことを尋ねる少女。名前は浦見みぎり。『最愛の人を殺したい』という願望を持つ少女だった。
互いの望みを叶えるために、二人は協力関係を結ぶ。水面はみぎりに愛されるため。みぎりは水面を愛するため。
「貴方には、私の理想の男性になってもらいます」「……分かった」「殺したくなるくらい魅力的な男性にしてあげますから、覚悟して下さい」
こうして始まった、歪な二人の歪な恋路。病的で猟奇的で不器用な少年少女が最高のデッドエンドを手に入れる物語、開幕。

内容説明

『最愛の人に殺されたい』と願う高校生・淀川水面は、死神を名乗る女から一人の少女を紹介される。「貴方が殺されたい人ですか?」出会い頭にそんなことを尋ねる少女。名前は浦見みぎり。『最愛の人を殺したい』という願望を持つ少女だった。互いの望みを叶えるために、二人は協力関係を結ぶ。水面はみぎりに愛されるため。みぎりは水面を愛するため。「貴方には、私の理想の男性になってもらいます」「…分かった」「殺したくなるくらい魅力的な男性にしてあげますから、覚悟して下さい」こうして始まった、歪な二人の歪な恋路。病的で猟奇的で不器用な少年少女が最高のデッドエンドを手に入れる物語、開幕。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

38
『最愛の人に殺されたい』と願う高校生・淀川水面が、『最愛の人を殺したい』願望を持つ少女・浦見みぎりを紹介され、最高のデッドエンドを手に入れるべく協力関係を結ぶ物語。死神を名乗る女から紹介され、互いの望みを叶えるために動き出した二人。救いのない人生を生きてきて、未来に希望もなくて、けれどお互いを知ってゆくうちに自覚してしまう想い。心境の変化が垣間見えて、だからといって軌道修正できない不器用さには苦笑いでしたけど、遠回りしてようやく向き合った彼らがこれからの困難をどう乗り越えるのか、続巻に期待のシリーズです。2020/11/25

しぇん

28
人物紹介が不穏すぎてSFなのか?と気になって読み進めました。登場人物はそれなにいて、関わってきているのですが一昔前に流行ったセカイケイを読んでるような気分を味わいました。続刊きまってるようなので、読んでみようかなと思います2020/12/06

オセロ

22
最愛の人に殺されたい淀川水面と最愛の人を殺したい裏見みぎりが互いの目的の為に歪な愛の形を探し求める物語。 かなり重めの内容ですが水面とみぎりのコミカルなやり取りのおかげで読みやすい構成になっていました。そんな中で明らかになる矛盾したある想い。 打算から始まった恋が相手のことを知っていくうちに気持ちが変化することはよくあることですが、今巻で導き出した2人の最期を迎えられるのかどうか次巻も楽しみです。2020/11/02

みやしん

21
軽めのタイトルからいい意味で裏切られる愛と殺意と精神の三重螺旋は、令和のラノベとは思えないサイコスリラー。さながらペンキをいくら塗っても消えない壁の落書きのように、上書きしきれない幼少時の記憶は現在でも姿を現す苦しみを醸し出す。もう少しヴィラン役の執着に因縁があったら…と思わないでもない。セカイ系にも通じる上澄みの台詞の掛け合いが、登場人物達の常人とは異なる領域に立っている事をよく演出されている。反面、主人公・ヒロイン・敵とそれらの家族以外の出番に必要性を感じられなかった。2020/12/08

かっぱ

21
最愛の人に殺されたい少年と、最愛の人を殺したい少女が出会うところから始まる物語。人の価値観はその人だけのもので、ゆえに巡り会った二人を運命と呼んでいいのかもしれない。最愛の人に殺されたいが、最愛の人には死んでほしくない。なんて利己的な感情なんだろう。重たいテーマを孕みながらも軽いテンポで紡がれる二人の掛け合いは砂糖全開で、そのギャップに彼らの歪みを一番覚える。けれど、人なんて矛盾の中で生きている。歪みと痛みを抱えながら二人が導き出した幸せの形が今後どのような終わり方を迎えるのか楽しみなシリーズだ2020/11/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16850785

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。