角川つばさ文庫<br> サキヨミ! 〈1〉 ヒミツの二人で未来を変える!?

個数:
電子版価格
¥726
  • 電書あり

角川つばさ文庫
サキヨミ! 〈1〉 ヒミツの二人で未来を変える!?

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年04月14日 07時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 224p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784046320315
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

出版社内容情報

【サキヨミ】
それは、人の顔を見ると、その人に起こる
“不幸な未来”が見えてしまう力のこと。

私、如月美羽(きさらぎ みう)。中学1年生。
物心ついたころから、「サキヨミ」の力を持ってるんだ。
人の不幸なんて見たくなくて、
“ぼっち”をつらぬいていたはずなのに、
先輩が大ケガするサキヨミを見ちゃったの!
怖くてふるえていたら、とつぜん未来が変わりはじめて…。
現れたのは、同級生の瀧島君!
なんと、彼にもおどろきのヒミツがあったんだ。
さらに、弟の命にまで危険がせまってきて――!

第8回角川つばさ文庫小説賞金賞受賞作!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

星彩の黒猫@無浮上

13
挿し絵の方が大好きな本を描いていらっしゃったので興味を持ち、読了。美羽が能力をコントロールできる人で良かったと思う。瀧島くんと出会えて最も良い道へ歩めそうだ。2021/08/30

たっちゃん

13
kzのイラストレーター駒形先生だったので立花彩ちゃんと若武君に少し似ている!めちゃくちゃ可愛かった♡ 美羽と瀧島君、凄い!頑張って!!2020/09/26

ゑびふらゐのしっぽ

11
こりゃまた素晴らしい作品を見つけてしまった、、、 瀧島くんクールすぎるだろ! 7巻楽しみすぎるぅ!2022/10/01

丸和 華

7
中学一年生の如月美羽。ぼっちを「わざと」貫いています。『不思議な能力』を発動させないためです。「聞いて聞いて、私すごいの!」と言えるそれならいいのに、美羽のそれは……。その『不思議な能力』を一人だけの秘密として抱え込み、他人の顔を、ただ道端ですれ違う人の顔でさえ見ることができなくなってしまいました。とても切ないスタート。だけどね。美羽は中学校内で素敵な出会いを繰り返し、自分の持つ能力を「活かす」勇気を持っていきます。心に響く力強いメッセージが込められた本作、『課題図書』となって欲しい至極の書です!2020/11/01

色素薄い系

6
見える未来が不幸なモノ限定であるせいでトラウマ持ってる美羽が成長する話ですかね。動画配信者出て来るのが時代を反映していると思ったけど2人の能力若干違うのは何か理由があるのかな?あとなんでユキちゃんの方にも能力顕現したんだろう。瀧島くんは結構アピールしてるのに美羽に全然伝わってないからいつ自分がユキちゃんだと打ち明けるのかも楽しみにしている。2022/02/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16415580
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。