角川つばさ文庫<br> 新訳 かがみの国のアリス

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

角川つばさ文庫
新訳 かがみの国のアリス

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年06月29日 17時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 269p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784046311085
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8297

内容説明

今度はアリスが女王になるってホント!?雪の日、だんろの部屋でいたずら子ネコをたしなめてたら、かがみの中に入っちゃった!アリスはチェスのコマになるの?お花はしゃべるし、チョウチョのバタつく羽根はバター付きのパン。ずんぐり坊やのおかしな双子や、いばった卵人間ハンプティ・ダンプティも登場。かがみの国はもっとヘンテコ!あなたもチェス・ゲームに出てみない?78の絵と新訳で名作をどうぞ。小学中級から。

著者等紹介

キャロル,ルイス[キャロル,ルイス][Carroll,Lewis]
1838~1898年。イギリスの作家で数学者でもある。代表作は、『ふしぎの国のアリス』など

河合祥一郎[カワイショウイチロウ]
1960年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科准教授

okama[OKAMA]
1974年生まれ。漫画家、イラストレーター。小説のさし絵や雑誌の表紙イラスト、アニメのデザインといった、さまざまな分野で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

りゅう☆

94
7歳半のアリスが鏡を覗いてたら、鏡の世界に入ってしまった。そこには様々なキャラクターたちがいるチェスの世界だった。アリスはコマを進めて女王様になれるのか?元の世界に戻れるのか?みたいな感じなんだろうけど、話がポンポン飛び過ぎて付いて行けず、言葉遊びも含まれてるけど、面白さがよく分からなかったというのが率直な感想。つばさ文庫なので児童向けに簡単な言葉に変えてるだろし、挿絵があったが、これが返ってイメージが膨らまない。固い頭の大人だなと改めて感じてしまったが、これは映像で見た方がすんなり引き込まれると思う。2016/07/16

扉のこちら側

53
初読。2015年943冊め。子どもの頃に文庫で読んだはずだがあまり記憶に残っていなかった。最後まで読んでから表紙と口絵イラストを見ると、イラストレーターさんのよい仕事がわかる。【カドフェス2015、G1000・24作め】2015/08/06

RASCAL

16
トランプの「不思議の国のアリス」に続きチェスの「鏡の国のアリス」、さらに難解。先にお子様向けのつばさ文庫の新訳で読んで良かった。それとOKAMAさんの挿絵がラノベっぽくて良い。それにしてもこの言葉遊びは、原書で読まにゃわからない 。2016/08/17

白義

11
言葉遊びがありとあらゆる方向に拡散、分裂して次々と変化していく、ドゥルーズも惚れた言語の快楽に、不思議の国以上に奇妙な鏡の国、少しだけ大人になった永遠の少女アリスと、相変わらず贅沢な文学。okamaさんのイラストは驚異の78枚!児童文学レーベルで、エロゲでの名前をまんま使う肝っ玉も、いかにもアリスに相応しい。そして今回はアリスに加え、白のクイーン、赤のクイーンという萌えキャラも登場。赤のクイーンのラストはなかなか驚くものがある。いつ読んでも古びない名作。ぶっちゃけ現代思想はアリスでかなりわかります2011/10/23

シャル

9
チェスや童謡をベースとする、鏡の中の世界を舞台した物語。相変わらずの言葉遊びとシュールで突拍子もない世界に振り回されながら、アリスと読み手の奇妙な冒険が続く。油断すると、いや油断しなくてもその世界から置いていかれそうになる。しかし『ふしぎの国』と比べて、ナイトをはじめとしてアリスに答えてくれる(ように思える)キャラクターが多いように感じる。それはアリスの成長なのか、それとも成長してしまったアリスに対する想いが漏れ出したのか。ナイトがキャロル自身をモデルにしているという話に色々と考えさせられる。2013/06/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/633228

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。