角川文庫<br> 魔女たちは眠りを守る

個数:
電子版価格
¥880
  • 電書あり

角川文庫
魔女たちは眠りを守る

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月19日 01時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 368p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046060518
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

魔女はすべてを覚えている。
ひとの子がすべてを忘れても。どこか遠い空の彼方へ、魂が去って行こうとも。
そして地上で魔女たちは、懐かしい夢を見る。記憶を抱いて、生きてゆく。

その街は古い港町。
桜の花びらが舞う季節に、若い魔女の娘が帰ってきた。
赤毛の長い髪をなびかせ、かたわらに金色の瞳をした使い魔の黒猫を連れて。
名前は、七竈・マリー・七瀬。
目指すは、ひとの子たちが「魔女の家」と呼ぶ、銀髪の美しい魔女二コラのカフェバー。

懸命に生きて、死んでゆくひとの子と、長い時を生きる魔女たちの出会いと別れの物語。

―――

魔女たちの物語は、物語の形を借りた、わたし自身の想いであり、言葉でもあったのだろう、といまになって、気づいています。
何の力も持たず、歴史を変えられもしない、一本の糸に過ぎないわたしが、誰かのささやかな愛すべき日常に寄り添い祝福し、
不幸にして斃れたひとびとにさしのべたかった「腕」が、この物語だったのだろうと。
そう、わたしには魔法の力はなく、この物語もいつかは忘れ去られてゆくでしょう。
けれど、この物語にふれたどなたかが、ふと、これまで地上に生きてきた一本一本の糸に思いを馳せてくださるなら、
わたしの言葉はそのとき、魔法になるのだと思います。

村山早紀(「あとがき」より抜粋)

内容説明

魔女はすべてを覚えている。ひとの子がすべてを忘れても―。桜の花びらが舞う季節。古い港町に、若い魔女の娘が帰ってきた。赤毛の長い髪をなびかせ、かたわらに金色の瞳をした使い魔の黒猫を連れて。娘の名前は、七竈・マリー・七瀬。彼女が目指すのは、ひとの子たちが『魔女の家』と呼ぶ、銀髪の美しい魔女ニコラのカフェバーだった。懸命に生きて、そして死んでゆくひとの子と、長い時を生きる魔女たちの出会いと別れの物語。

著者等紹介

村山早紀[ムラヤマサキ]
1963年長崎県生まれ。『ちいさいえりちゃん』で第15回毎日童話新人賞最優秀賞、第4回椋鳩十児童文学賞を受賞。本屋大賞にノミネートされ話題となった『桜風堂ものがたり』『百貨の魔法』など、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぶんこ

47
魔女は人よりも長く生きますが、誰かを助けるために命を落とすこともある。七瀬の母も、船の事故で七瀬たちを助けて命を落とす。後半はお盆、ハロウィン、クリスマスの物語。亡くなった人々が愛しい現生の人々に会いに来る。そこからは涙が枯れることなく、先に逝った人、遺された人の思いと、魔女たちの人を思いやる気持ちの強さに感動。日米親善で贈られたお人形の健気さ、昔々、信仰を禁じられた人々が隠れ住んだ島と、そこに赤子として流れついた七瀬。厳しい生活の中でも食べ物を与えて慈しんでくれた島民。お礼をと気づいた時遅かった。2023/11/27

よっち

43
桜の花びらが舞う季節。古い港町・三日月町に帰ってきた若い魔女の娘・七竈・マリー・七瀬。懸命に生きる人々と、ひっそりと長い時を生きる魔女たちの出会いと別れの物語。ひとの子たちが「魔女の家」と呼ぶ、銀髪の美しい魔女二コラのカフェバーを訪れた七瀬が、街に住み着いて密かに人々の手助けをしてゆく連作短編集で、かつての友人でもある書店員と交わした約束に始まって、優しい魔女がささやかな奇跡を起こしてゆく穏やかなストーリーは良かったですね。一つ一つ丁寧に描かれた魔女が人に寄り添ってくれるとても優しい物語になっていました。2023/01/10

陽子

38
魔女は時を超えて生きる。時代の流れの中を通り過ぎていく人々。様々な出会いと愛しい思い出。自分の命を削って少年を助けようとした銀色の髪の魔女のお話「天使の微笑み」が心に残った。悲しい死を遂げた女の子の思いを届けるために長い長い旅をする「ある人形の物語」、切なかった。ひとを思う優しさ、時を超えて起きる奇跡。心に響く素敵なファンタジーだった。2023/03/28

ブルちゃん

32
表紙と題名が素敵で気になってた✨頂けて、感謝します☺️魔女というと、外国のファンタジーで、どこかトキメキながら読むイメージだけど、この本は、もっと現実的で、日本的で、不思議な雰囲気。関わった人間達の心にそっと根付き、「眠りを守る」という題名のように、自分達と比べては、儚く思う人間を、慈しみ、優しく見守る魔女達のお話。2023/10/27

megu

30
人の世界に住む魔女たちの、出会いと別れをテーマにした連作短編集。児童書のように易しいけれど、全然退屈じゃない、温かくてちょっぴり切ない素敵なお話だった。ひとよりも遥かに長い寿命をもつ魔女たち。ひとと関わったとしても、ずっとそばにはいられない。ひとの子が蝉の一生を見てその短さを嘆くように、魔女たちはひとの命の短さを惜しむ。この物語に登場する魔女、ニコラも七瀬もとても素敵で、こんな風に世界を見守ってくれている魔女がどこかにいたらな、と妄想が膨らんだ。初読みの著者だったけれど、著者が紡ぐ優しい文体がすごく好き。2023/06/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20332785
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。