KITORA<br> 兄貴の友達

個数:
電子版価格 ¥1,155
  • 電書あり

KITORA
兄貴の友達

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月22日 22時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 192p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784046053671
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0076

出版社内容情報

高1の田中ゆうやには1個上の兄・隼人がいるが、兄とは昔から気が合わない。自分とは真逆のタイプの隼人が毎日のように家に連れてくる友達や彼女も、もちろん苦手。彼らが家に来るとゆうやは絡まれないよう自室に閉じこもるようにしていた。そんなある日、隼人たちが恋愛観について話しているのが壁の向こうから聞こえてくる。「即ヤれる女がいいっしょ!」と盛り上がる中「俺は彼女がほしいんじゃなくて好きな人と両想いになりたいだけ」と語る「カキモトサン」の恋愛観にゆうやは感動するのだが……?!pixiv創作漫画2021全10選にも選ばれた令和最高のDKBL、待望の書籍化!描き下ろしも20P以上の大ボリューム!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みーちゃん

64
高天のスピンオフ。YouTubeで見ていいなと思ったので読んでみました(⑉・ ・⑉) ゆうやのツンデレな感じは勿論可愛いですが、柿本くんも結構可愛いところがあるなぁ... 途中途中で出てくる高良くんの立場も凄く良かったです。 男子高校生の会話が何かテンポ良くて、読んでいて楽しかったです。 高天も読みたいなと思いました。2022/05/08

niko

14
かわいいのー(´∀`)『高良くんと天城くん』のスピンオフで、高良君がそこそこ登場します。今回もDKのわちゃわちゃ感が良かった。あー、もう焦れきゅんが過ぎるわw周りに隠さないイチャイチャぶりは、非現実的ながらも癒されました。話に深みはないけれど終始ニヤニヤが止まらず。バカップル認定不可避で、可愛い年下受けを溺愛するイケメンDK・柿本に萌えた♡ゆうやはちょいあざといw2021/07/21

紫陽花

12
■電子書籍(ひかりTVブック) 鬼のように金額高いので長いのかと思ったら200ページぐらいしかないし絵もめちゃくちゃシンプルだし、なぜこんな強気な値段設定なのかがとにかく解せない。 購入当時「高良くんと天城くん」のスピンオフだとは知らず読み始めたもののノリがさっぱりわからなかったのですが、ネトフリで高良くん~の動画配信されて一気見したのでそのままこっちも見ました。 どっちもドラマに向いてる展開なんじゃないかな! 山田兄あんまり出番なくて残念ー。2023/10/01

コウスケ

7
衝動買いpart3。というかまとめ買い。ここの高良は天城と付き合う前なの? ってくらい田中家に出没する。田中兄弟の互いへの態度がちゃんと兄弟感出ている。2021/12/22

幾子

4
★★チャラい兄の友達、柿本さんを好きになってしまった優也くんの話。スピンオフだけどこれだけでも読めます。スピン元の高良くんがなかなかいいアシストしてくれる。優也くん最初卑屈系男子かと思ったけど好きアピール激しめの素直男子だった。こんな好き好き言われたら可愛くてたまらんくなるな。年下の良さをこれでもかと出してくる…。隠してる様子もないけど周りが付き合ってることを察してるのかしてないのか気になる(笑)2023/11/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18199187
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。