空のふしぎがすべてわかる!すごすぎる天気の図鑑

個数:
電子版価格 ¥1,375
  • 電書あり

空のふしぎがすべてわかる!すごすぎる天気の図鑑

  • ウェブストアに227冊在庫がございます。(2022年05月19日 20時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 176p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046051516
  • NDC分類 451
  • Cコード C0044

出版社内容情報

雲、雨、雪、虹、台風、竜巻など空(気象)にまつわる、おもしろくてためになる知識をやさしく紹介。映画『天気の子』の気象監修者としても有名な荒木健太郎氏が、天気や気象にまつわるとっておきのネタを教えてくくれます。積乱雲の自虐的ともいえる性質、虹は半円形ではないこと、雨滴のてっぺんはとがっていない……などなど、思わず「そうなんだ!」と思ってしまうようなトピックが盛りだくさん。子ども大人も楽しく読むことができます。近年の豪雨、巨大台風、大雪にまつわる話題も豊富で、「天気・気象のなぜ?」が一気にわかります。

内容説明

とっても身近な空や雲、天気ですが、じつは知らないことがたっくさん!「雲は何でできている?」「どんな種類の雲がある?」「虹を見るにはどうしたらいい?」「空が青いのはどうして?」「最近大雨が起こりやすくなっているの?」「『大気の状態が不安定』ってどんな意味?」などなど、空にまつわるギモンに、一気にお答えします!

目次

1 すごすぎる雲のはない(「雲が動物に見える現象」にはちゃんと名前がある;雲の正体は水と氷のつぶ! ほか)
2 すごすぎる空のはなし(虹は半円ではなく、本当は丸い;虹のふもとには永遠にたどりつけない ほか)
3 すごすぎる気象のはなし(雨のつぶの頭はとがっていない;空から降る雪や氷のつぶは全部で121種類! ほか)
4 すごすぎる天気のはなし(雲の量が空全体の8割以下なら「晴れ」;天気予報で使われるのは高度1~2mの気温 ほか)

著者等紹介

荒木健太郎[アラキケンタロウ]
雲研究者、気象庁気象研究所研究官、博士(学術)。1984年生まれ、茨城県出身。慶應義塾大学経済学部を経て気象庁気象大学校卒業。地方気象台で予報・観測業務に従事した後、現職に至る。専門は雲科学・気象学。防災・減災のために、豪雨・豪雪・竜巻などによる気象災害をもたらす雲のしくみ、雲の物理学の研究に取り組んでいる。著書多数。映画『天気の子』(新海誠監督)では気象監修を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

キック

74
明日から空を見上げたくなること必至の本。雲、空、気象、天気について78項目を見開き2ページで解説。半分は写真等による図解ですから、大変読みやすく、子供から大人まで楽しく学べます。例えば、雲は大きく分けると10種類。なぜ雲は白く、空は青く、夕焼けは赤いのか。みそ汁の湯気も雲。雪は121種類で、結晶はスマホでも撮れる。都会では、あの雨のにおいがしないのは何故か等々、面白くて役に立つ知識が満載でした。2021/07/18

アクビちゃん

51
【図書館】著者の荒木さん「世界でいちばん素敵な雲の教室」に続き2冊目。←は、雲に特化した本でしたが、この本は、お天気全般について。写真も多く、ルビがふってあり、小学生でも手にしやすい。気温のグラフが右肩上がりなのを見て、地球温暖化に恐怖を感じてしまった。そして、この本を読み、私が好きなのは雲なんだということが判明☁2022/04/17

どぶねずみ

45
昨年姪っ子のクリスマスプレゼントに贈ったもので、本書をとても気に入って毎日学童に持っていくんだとか。私も話を合わせるために、急いで読まなくては思った次第。これは面白い! 一字一句全てを小学生が読むのは難しいが、綺麗な雲の写真、キャラクター化した風や雨のイラストが充実していることころが、小学生が気に入る要因だろう。大人でも覚え切れないほどの情報量だが、本書が手元にあったら、いつでも空を見て本書と見比べることができる。虹の作り方やハロ(光輪)の見方なども自由研究に使えるし、子どもと一緒に学ぶこともできそう。2022/04/08

あきら

43
空を見るのがとても楽しみになりました。 自然現象ってすごい。 色んな人が楽しめる本だと思います。2021/10/02

こふみ

22
コンパクトにまとまった分かりやすい解説と沢山の写真。勤務校に今年度から朝読書の時間が復活したので、その時間に読むのにいいかな…と思いました。2022/05/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17770910

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。