今日ヤバイ屋台に行ってきた―インドでメシ食って人生大逆転した男の物語

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり

今日ヤバイ屋台に行ってきた―インドでメシ食って人生大逆転した男の物語

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年04月19日 22時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 192p/高さ 15X22cm
  • 商品コード 9784046047328
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C0095

出版社内容情報

YouTube登録者60万人超! 「今日ヤバイ奴に会った」がついに書籍化!
1kgの特大サンドイッチ、たまご300個使ったスクランブルエッグなどなど、日本人の度肝を抜く規格外の屋台メシを突撃ルポ。
「インド屋台」という名の秘境で、待っていたものとは……!?

本書は、これまでの動画投稿のなかから、著者が特に思い出深かったものを厳選して紹介。
動画では伝えきれなかった、人々との交流エピソードを通じて、インド人が大切にしている価値観や文化にも触れていく。
日本人の常識に縛られすぎている人は、インド人たちの(ぶっとんだ)生き様を見るといい。
今までウジウジ悩んでいたことなんか案外、「ちっぽけなことだった」と思えてくるかもしれない。

本書を読んで、時に笑い、時に人生のヒントとして受け止めてほしい一冊である。

内容説明

「インド屋台」という名の秘境にひとりの男が挑む。笑いと感動が交互に押し寄せるエピソード満載!

目次

第1章 僕が住むムンバイのヤバイ屋台(1kgサンドイッチ―「カロリーの過積載」を思い切り食らう;超メガ盛りチャーハン―「ええかげん」もここまで来ると、逆にワクワクする ほか)
第2章 デリーのヤバイ屋台に行った(「魚」のカレー―地元民でない客にも超フレンドリーなお店;ほうれん草カレー―「自分をもっと愛したい」と気づかせてくれる場所 ほか)
第3章 超仲よし!カーンさんのお店に行った(バーニング・バターチキン―何度でも食べたい!親友が作るカレー;30人前送り火チャーハン―強い辛みと、独特の「香り」がクセになる? ほか)
第4章 なぜか目が離せない!「お姉さん」のお店に行った(チョコレートアイスらーめん―お姉さんの天才的キャラクターに、一発で惚れてしまった;超プレス!パスタサンドイッチ―みんなで力を合わせて作った、奇跡のコラボ飯 ほか)

著者等紹介

坪和寛久[ツボワヒロヒサ]
1984年、茨城県生まれ。東京で会社員として勤めたのち、2013年に転職先でインド・ムンバイへ移住。現在は、日本人向けの不動産業、輸出入業を行う「アラミコソリューションズ」で勤務している。プライベートで現地の屋台メシを体験するうちに、インド人の人柄に魅了されてYouTubeでの動画投稿を考案。2014年にYouTubeチャンネル「今日ヤバイ奴に会った」を開設。インド屋台での面白エピソードを軽快なドキュメンタリータッチで紹介する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。