教養としてのお金とアート―誰でもわかる「新たな価値のつくり方」

個数:
電子版価格 ¥1,870
  • 電書あり

教養としてのお金とアート―誰でもわかる「新たな価値のつくり方」

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月25日 07時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 312p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046046284
  • NDC分類 336.9
  • Cコード C0030

内容説明

ビジネス一筋だった会計士・田中靖浩さんがアートをもっと勉強するために画商・山本豊津さんのもとへ。「価値のつくり方」を絵画に求めるビジネスパーソン、「お金のしくみ」を知りたい美術関係者。驚くほど面白く、そして深遠な、お金とアートの異色の対談がスタートします!

目次

第1章 なぜアートは日本に浸透しなかったのか
第2章 簿記という芸術的なプラットフォーム
第3章 日本で会計の礎をきずいた福沢諭吉と渋沢栄一
第4章 価格から考える「アートの問題点」
第5章 これから絶対に必要な「価値と価格」の話
第6章 「未来の資本主義」の話をしよう

著者等紹介

山本豊津[ヤマモトホズ]
東京画廊代表取締役社長。1948年、東京都生まれ。1971年、武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。元大蔵大臣村山達雄秘書。アートフェア東京のアドバイザー、全銀座会の催事委員を務め、多くのプロジェクトを手がける。全国美術商連合会常務理事。日本現代美術商協会理事

田中靖浩[タナカヤスヒロ]
田中靖浩公認会計士事務所所長。1963年、三重県四日市出身。早稲田大学商学部卒業後、外資系コンサルティング会社を経て現職。ビジネススクール、企業研修、講演などで「笑いが起こる会計講座」の講師として活躍する一方、落語家・講談師とのコラボイベントを手がけるなど、幅広くポップに活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

チャー

16
アートの価値について画廊と会計士の著者二人が会話形式で綴った本。絵画や美術作品が生まれた背景を、製作者の経済状況や社会情景から紐解いており大変興味深い。美術品に対する価格とは歴史的に有名な品ほど高いという漠然としたイメージしかなかったが、作品に用いられた技術や作者の思想などを含んだ価値や作品が生まれた時代の要望やその理由を知りつつ吟味することでより深くその意味を知ることができる。アートを見る目を鍛えるためには、意識的に多くの作品を見て触れることが大切。実物をよく見ることで新たな発見も生まれる。2021/11/13

だてこ

12
会計と美術という、一見縁遠い存在のように感じる二つが、実はとても密接に関係しあっていることが分かって面白かった。会計も美術ももっと歴史や成り立ちを勉強していきたい。2021/03/05

9
公認会計士と画廊代表との対談。利休が世界にないものを作ろうとした、レンブラントは和紙で版画作成した、二宮金次郎は日本で初めてファンドをつくり金貸を始める、など知らないことも多く、味わいがあった。 美意識とは、自分の人生を作品として見ることができる感覚。お金では手に入らない自分の人生があるはずでそれを考えることこそが美意識。 美意識、日々鍛えたい。2021/03/06

ATS

4
あんまり面白くなかった。途中で読むのやめてしまった笑 個人的に対談形式の本って合わないことが多い。2020/11/27

うしまる

3
第三者に認められることがビジネスにおいてもアートにおいても大事。現状プライマリーマーケットでした利益を出すことができないアーティストに対しては、セカンダリーでも利益を得られる仕組みを作って欲しいと思った(今はもうあったりするのかな)。投資視点から見ると、将来的にセカンダリーで評価される作品を選ぶことが重要で、他の著作でも書いてある通り、歴史的文脈から捉えた時の価値、アーティストの熱量、作品のインパクトさ等を勘案して選択していくのが良さそう。2021/08/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16525777

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。