考える脚―北極冒険家が考える、リスクとカネと歩くこと

個数:
電子版価格 ¥1,620
  • 電書あり

考える脚―北極冒険家が考える、リスクとカネと歩くこと

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年06月16日 10時11分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 316p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046040367
  • NDC分類 297.8
  • Cコード C0095

内容説明

北極点無補給単独徒歩の挑戦、カナダ~グリーンランド単独行、南極点無補給単独徒歩。日本人初「南極点無補給単独徒歩到達」に成功した著者が綴る、極上ノンフィクション―北極冒険家が三つの冒険で学んだ、自由の本質。

目次

第1章 冒険と無謀の狭間―北極点無補給単独徒歩の挑戦(二〇一四年)
第2章 未知への憧れ―カナダ~グリーンランド単独行(二〇一六年)
第3章 資金の壁―南極点無補給単独徒歩(二〇一七‐二〇一八年)

著者等紹介

荻田泰永[オギタヤスナガ]
カナダ北極圏やグリーンランド、北極海を中心に主に単独徒歩による冒険行を実施。2000年より2017年までの18年間に15回の北極行を経験し、北極圏各地を9000km以上移動する。世界有数の北極冒険キャリアを持ち、国内外のメディアからも注目される日本唯一の「北極冒険家」。2016年、カナダ最北の村グリスフィヨルド~グリーンランド最北のシオラパルクをつなぐ1000kmの単独徒歩行(世界初踏破)。2018年1月5日(現地時間)、日本人初の南極点無補給単独徒歩到達に成功する。また、日本国内では夏休みに小学生たちと160kmを踏破する「100milesAdventure」を2012年より主宰。北極で学んだ経験を旅を通して子供たちに伝える。海洋研究開発機構、国立極地研究所、大学等の研究者とも交流を持ち、共同研究も実施。北極にまつわる多方面で活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。