0秒経営―組織の機動力を限界まで高める「超高速PDCA」の回し方

電子版価格
¥1,540
  • 電書あり

0秒経営―組織の機動力を限界まで高める「超高速PDCA」の回し方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046024466
  • NDC分類 535.89
  • Cコード C0034

出版社内容情報

絶体絶命のメガネスーパーを黒字化したプロ経営者、星崎尚彦氏の初の著書!負けグセがついたチームや組織を丸ごと変える「0秒経営」とは? 「君たちの給料を小売業界No.1にしよう」で知られるメガネスーパー星崎社長の経営論。

星崎氏がメガネスーパーに入社したのは2013年。当時のメガネスーパーでは、8年も続いた赤字による倒産寸前の極限状態で、社内・店頭の雰囲気はシラけきっていた。
一方、再建のためにやってきた星崎氏はメガネをかけたことすらなく、メガネ業界についてはまったくの門外漢だった。
やる気を失った社員と、業界未経験の社長。一見迷走しそうな組み合わせだが、結論から言えば、メガネスーパーは3年で黒字化を達成した。テレビでも何度も取り上げられている驚異のV字回復だ。

そのキモが、本書で解説する0秒経営だ。0秒経営を実践すると、こんな効果が表れる。
★指示待ち人間だった社員たちが、ひっきりなしにアイデアを出し、実行し、検証し、次のアクションにつなげる超高速PDCA社員に変わる!
★「これ、やってもいいのかな」とためらう社員がゼロになる! 店頭の改善策がすぐに実行され、成功すればその日のうちに全店展開される。
★本社と現場の間の時差、情報の差、温度差がゼロになる!
★悩む時間がゼロになり、チャレンジすることが楽しくなる!「MBAより会社の会議のほうが勉強になる」という社員が現れる。
★その結果、大赤字だった会社でもV字回復できる!

簡単に見えて実現が面倒くさい・難しい数々の施策と、それをいかに徹底実行・徹底運営していくかを、リーダーの視点で解説する。

第1章 「0秒経営」基本その1 業界知識がなくても経済合理性は追求できる
第2章 「0秒経営」基本その2 まやかしの忙しさと決別せよ(とくに赤字企業!)
第3章 実践「0秒経営」その1 すべての仕事は「YES」から始めよ
第4章 実践「0秒経営」その2 業界と真逆に走れ
第5章 実践「0秒経営」その3 1秒悩んで、立ち上がれ

星崎 尚彦[ホシザキ ナオヒコ]
著・文・その他

内容説明

倒産寸前だったメガネスーパーは、なぜV字回復できたのか?負けグセのついた会社を丸ごと変える全施策!

目次

第1章 「0秒経営」基本その1 業界知識がなくても経済合理性は追求できる(「普通の経営」では絶対勝てない;メガネ1本3万6000円でも「安い!」 ほか)
第2章 「0秒経営」基本その2 まやかしの忙しさと決別せよ(とくに赤字企業!)(群雄割拠のメガネ戦国時代に、メガネスーパーは敗れた;はじめから負ける戦いだった ほか)
第3章 実践「0秒経営」その1 すべての仕事は「YES」から始めよ(結局、「やる気」がものをいう;会社のコアに火をつけろ ほか)
第4章 実践「0秒経営」その2 業界と真逆に走れ(「安値脱却」アイケアカンパニー宣言;「メガネ」を売るな、「眼の健康」を売れ ほか)
第5章 実践「0秒経営」その3 1秒悩んで、立ち上がれ(タミフル服用も0秒;1秒悩んで、立ち直る ほか)

著者等紹介

星〓尚彦[ホシザキナオヒコ]
1966年生まれ。早稲田大学法学部卒業後、三井物産(株)に入社。主に繊維事業、ファッション事業に携わった後、スイスのビジネススクールIMDへ留学。MBA取得後の2000年、スイスの宝飾メーカー「フラー・ジャコー」日本法人の経営者に就任、短期間で同社業績の飛躍的向上に成功。その後、婦人靴で名高いイタリアの皮革製品メーカー「ブルーノマリ」や、米国のスノーボード用品ブランド「バートン」で日本法人の経営者を務め、2012年にアドバンテッジパートナーズからの要請により、アパレルメーカー「クレッジ」の経営再建を担い、1年半でV字回復を達成。2013年6月、メガネスーパーの再建を任され、2016年に同社9年ぶりの黒字化を果たす。2017年11月には株式会社ビジョナリーホールディングスの代表取締役社長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kentaro

38
メガネスーパーのビジネスは、ただメガネを売ることではない。私たちの武器は、創業以来1000万人を超えるお客さまに応対してきたなかで培った「眼の知識」。それをもとに、充実したアイケアサービスをご提供することが、私たちの使命。そうなると、店の主役はアイケアに精通したプロフェッショナルたちだ。社長である著者が現場で手伝えることなど、ただ雑用ばかりである。だったら雑用は私に任せてもらい、優秀なスタッフたちには、お客さまの対応をしてもらわなければならない。ずいぶん楽しそうに働く社長だなと思われただろうか。2021/02/16

☆ツイテル☆

2
フライヤー2022/02/07

とりもも

2
PEファンド投資先の会社の社長、所謂プロ経営者による会社再生の本。全体的に社員向けにも書いている印象を受ける本だが、会社再生に向けた泥臭い改革の様子が記載されている。期待していたファンドとの関わりはあまり記載されていないが、この経営者の場合には社長に経営をお任せするウエイトが高かったのかもしれない。2021/03/10

マイケル・タクマ・ヤン

1
メガネスーパーは「ダサい昔のメガネ屋さん」のイメージだったが、ココで働く友人から「V字回復し社長が本を出した」と聞き読んだ。タイトルから期待できる内容ではなく、「0秒経営とは即ち○○」とも書いてない。私は「現場が判断しただちに実行する」状態を言うものと理解した。  MBAホルダーで3社の社長を渡り歩いた人物が、業績不振でボーナス無し、やる気がなく指示待ちの社員に火をつけV字回復を果たすストーリーは興味深い。作家のような描写力はなく面白みに欠けるが、想像で補うことで十分学べるエピソードがちりばめられている。2020/11/01

shiro

1
機動力が高いのは社長の性格故かな。これを実践できる経営者はほとんどいないと思う。赤字企業ならばなおのこと。書かれていることはほとんどが徹底した正論。それでも得るものは多いし思考の方向性はとても勉強になる。2019/11/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13114678
  • ご注意事項