知的生活の設計―「10年後の自分」を支える83の戦略

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

知的生活の設計―「10年後の自分」を支える83の戦略

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月16日 08時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 271p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784046023445
  • NDC分類 590
  • Cコード C0030

出版社内容情報

あなたの知的生活は「設計」できる!-------------------------------------------------------

不確実な世界でいかに未来を、人生を設計すればいいのか。
その鍵となるのが「知的生活」を「設計」するという考え方です――

-------------------------------------------------------

今日から始めることが「10年後の自分」を支える。
「趣味」「読書」「情報発信+情報整理」「書斎」「アプリ・ツール」「お金」まで……
毎日のちょっとした習慣を積み上げれば、誰でも知的生活を実現できる!


SECTION1:知的生活とはなにか
SECTION2:人生を変える「知的積み上げ」の習慣
SECTION3:パーソナルスペースとしての「書斎」設計
SECTION4:情報整理と情報発信の戦略
SECTION5:習慣とツールによる知的生活ハック
SECTION6:知的投資と収入のための「知的ファイナンス」
SECTION7:10年後の人生を設計する

堀 正岳[ホリ マサタケ]
著・文・その他

内容説明

ハイブリッドな書斎情報が「勝手に整理」「量が質に転化する」瞬間「好きなこと」が価値を生む…etc.豊かな人生は「設計」できる。

目次

01 知的生活とはなにか
02 人生を変える「知的積み上げ」の習慣
03 パーソナルスペースとしての「書斎」設計
04 情報整理と情報発信の戦略
05 習慣とツールによる知的生活ハック
06 知的投資と収入のための「知的ファイナンス」
07 10年後の人生を設計する

著者等紹介

堀正岳[ホリマサタケ]
研究者・ブロガー。北極における気候変動を研究するかたわら、ライフハック、IT、文具などをテーマとしたブログ「Lifehacking.jp」を運営。知的生産、仕事術、ソーシャルメディアなどについて著書多数。理学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

タナカ電子出版

46
この本は知的生活を設計するため83のコンセプトから具体的に実践できるようにおすすめしてくれる本です。彼の前回書かれたライフハック大全はとても良かったです。しかしながら今回の本は個人的には残念な印象です。知的生活とは何か?なかなか知的かどうかは判断や評価が難しい…もともと知的より楽しいに流される自分自身。そこまで求めていないことに気が付いてしまいました。2019/02/21

ショウジ

32
最近は仕事がAIに奪われるといわれますが、それは半分正しいし半分は間違っているのではないかと思います。AIが今ある仕事を奪うのなら新たな仕事を創ればいいわけです(個人的にはAIが仕事をしてご主人様である人は働かなくても生活できる環境になることを期待していますが)。 そういう仕事を作り出すためにスキルが必要だしそのスキルを高めていくために環境を整えることが必要なのかなと、本書から学びました。 2019/02/13

ミライ

31
10年後を見据えたライフハック本。読書、映画鑑賞、ブログからお金、アプリまで、毎日ちょっとした習慣を積み重ねていくことで知的生活を実現できる。本であれば、紙の本+電子書籍のハイブリッド、情報インプットアウトプットはevernoteなどのツールを利用するなどなど、最新のIT機器、スマートフォンのアプリを利用を中心とした「今」だからこそできる生活設計を提案している。書斎の作り方なども紹介されていて非常にためになった、情報が最新(2018/11発売)なので「今」よむべき。2018/12/09

booklight

24
知的生活とは、情報の消費だけでなく、新しい情報を生産すること。情報の新しいまとめ方。知的生活の設計のポイント①知的積み上げ②パーソナルスペース③発信場所④知的ファイナンス⑤小さなライフワーク。生産はゼロイチでなく情報の再編集と捉える。あらゆるものを情報と捉えるなら、発見も新しい価値も、情報による再生産といえるのか。うーん、情報化時のハードルが高そうだけど、2度の出会いでメモ、3度目で記録、で情報化を進めるのかな。どう情報をとらえるかはどう生きるか、という話にもなり、人生は編集作業とも言えるのは面白い。2022/04/24

のんぴ

22
思っていたのとは違い、アプリやコンテンツ、ガジェット、プログラム系の話で、私にはあまり関係なさそう。発信している人や研究ノートをつけている人、IFTTT(If This Then That)などを使って作業を簡略化したい人向けかな。Evernoteもいらなさそうとわかった。2020/09/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13213254

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。