絶対会社を潰さない社長の口ぐせ

個数:
電子版価格 ¥1,620
  • 電書あり

絶対会社を潰さない社長の口ぐせ

  • ウェブストアに208冊在庫がございます。(2017年10月18日 23時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046020598
  • NDC分類 335.35
  • Cコード C0034

内容説明

本書で紹介する「社長の(小山昇の)口ぐせ」は、失敗を重ね、七転八倒しながら著者がつかんだ教訓であり、経営の原理原則です。実体験から体得した真理です。会社は、社長が発する言葉どおりになっていきます。なぜなら、口ぐせは、その人の考え方が習慣化したものだからです。会社を変えたいなら、今と同じ考え方を捨てること。それはつまり、口ぐせを変えることです。15年連続増収!“常勝”へ導く50の金言。

目次

第1章 絶対会社を潰さない社長になるための10の口ぐせ(電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、夏が暑いのも、冬が寒いのも、すべて社長の責任である;会社が「赤字」になるのは、社長が「赤字でもいい」と決定したから ほか)
第2章 右肩上がりの経営を行うための10の口ぐせ(変化は、わが社の都合を待ってくれない。変化は、わが社の都合を置いていく;マーケットには、「お客様」と「ライバル」しかいない ほか)
第3章 強い組織のしくみをつくるための10の口ぐせ(社員教育をしていない会社なら、社長は「ワンマン」で「トップダウン」が正解;バランスの良い人材配置をしてはいけない。同じレベルの社員同士を競わせる ほか)
第4章 会社を盤石にする人材を育てるための10の口ぐせ(営業力や販売力がある会社より「人を大切にする会社」が生き残る;中小企業は、社長や幹部よりも優秀な人材を採用してはいけない ほか)
第5章 会社のお金を上手に回すための10の口ぐせ(「無借金」は間違い。銀行から、積極的に「借金」をするのが正しい;「粗利益額」が会社の実力。固定費を上回る「粗利益額」が出なければ、会社は赤字になる ほか)

著者紹介

小山昇[コヤマノボル]
株式会社武蔵野代表取締役社長。1948年山梨県生まれ。東京経済大学を卒業し、日本サービスマーチャンダイザー株式会社(現在の株式会社武蔵野)に入社。一時期、独立して自身の会社を経営していたが、1987年に株式会社武蔵野に復帰。1989年より社長に就任して現在に至る。2001年から同社の経営のしくみを紹介する「経営サポート事業」を展開。670社以上の会員企業を指導しているほか、「実践経営塾」「実践幹部塾」「経営計画書セミナー」など、全国各地で年間240回の講演・セミナーを開いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

経営者が必ず心がけたい重要ポイントが満載! 小山昇社長の50の金言!