なぜ日本だけがこの理不尽な世界で勝者になれるのか

個数:
電子版価格 ¥1,404
  • 電書あり

なぜ日本だけがこの理不尽な世界で勝者になれるのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月27日 06時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046019400
  • NDC分類 304
  • Cコード C0033

内容説明

かつての常識が無意味化する世界で、日本だけが際立って安定しているのはなぜか?そこで蔓延る批判ありきの悲観論を一刀両断。これが数値で証明された日本の現在地と未来だ!

目次

第1章 この「理不尽」な世界の本質を語ろう(常識の通じないトランプ大統領;イギリス離脱とEU崩壊の真実;いまや世界経済のリスクとなった中国;親北・超反日化する韓国に備えよ)
第2章 いつの間にか進化した日本の安全保障(「戦争の巣」東アジアでどう生き残るか;不言実行で進む「戦後レジームからの脱却」;「ジャパンファースト」を堂々と主張せよ;日本が主導する次代の世界平和)
第3章 日本経済悲観論を完全に論破する(「日本の借金一〇〇〇兆円」の大嘘;マイナス金利で得をするのは国民だ;経済成長不要論に惑わされるな;「日本も『格差社会』化する」論の真相;この国の経済政策は間違っていない)
第4章 内政問題を吹き飛ばす究極の方法(役人天国・日本が終焉を迎える;年金制度の持続可能性は高まった;築地市場の移転に問題は存在しない;ノーベル賞と金メダルを増やす方法)

著者紹介

高橋洋一[タカハシヨウイチ]
(株)政策工房会長、嘉悦大学教授。1955年東京都生まれ。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。1980年大蔵省(現・財務省)入省。大蔵省理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、内閣参事官(首相官邸)などを歴任。小泉内閣・第一次安倍内閣ではブレーンとして活躍。2008年『さらば財務省!』(講談社)で第17回山本七平賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

感情論を煽るマスコミや評論家よ、君たちが知らない日本の力を教えよう。英EU離脱、トランプ政権誕生、そして迫り来る極東有事。いまやこれまでの常識は完全に無意味化している。先の読めない「理不尽」な世界で、次にいったい何が起こるのか?

一方で、多くの日本人は、もう気づいているのではないだろうか。この「理不尽」な世界で日本だけが際立って安定しているということに……。かつて「ジャパンパッシング」など悲観論の絶えなかった日本はいま、世界のなかでどのような立ち位置にあるのだろうか?

そこで相変わらず感情に任せて悲観論を撒き散らすマスコミ、学者、評論家たちの俗説を、本書が一刀両断。ロジックと数字から導かれるこの国の真の実力に、読者はきっと驚くはずだ。

国際情勢も、日本経済も、内政も、高橋節が炸裂する最強の一冊。 


内容例:ビジネスの作法を貫くのがトランプ流/いつの間にか「最適」規模を超えていたEU /いまや世界経済のリスクとなった中国/親北・超反日化する韓国に備えよ/「戦争の巣」東アジアでどう生き残るか/不言実行で進む「戦後レジームからの脱却」/沖縄米軍基地問題は数字で論じよう/「ジャパンファースト」を堂々と主張せよ/アメリカと対等に「ディール」できる日本へ/ケミストリーの合う安倍・プーチン/政府資産の存在がバレて困るのは誰か/「政府の借金は国民の資産」論の危うさ/マスコミの解説は「ヤブ医者の処方箋」/日本の所得再分配機能はOECD平均値/安倍政権の天下り対策に震える霞が関/「民主党政権が天下りを半減させた」の嘘/消費税の社会保障目的税化は悪手だ/GPIFは見直しではなく廃止せよ/豊洲市場をサンク・コスト論で考えてみると……/ノーベル賞と金メダルを増やす方法 ほか

第1章:この「理不尽」な世界の本質を語ろう
第2章:いつの間にか進化した日本の安全保障
第3章:日本経済悲観論を完全に論破する
第4章:内政問題を吹き飛ばす究極の方法

高橋 洋一[タカハシ ヨウイチ]
(株)政策工房会長、嘉悦大学教授。1955年東京都生まれ。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。1980年大蔵省(現・財務省)入省。大蔵省理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、内閣参事官(首相官邸)などを歴任。小泉内閣・第一次安倍内閣ではブレーンとして活躍。2008年『さらば財務省』(講談社)で第17回山本七平賞を受賞。著書はほかに、『日本はこの先どうなるのか』(幻冬舎)、『「年金問題」は嘘ばかり』(PHP新書)など多数。