中経の文庫<br> 首都圏「街」格差―「住みたい街」の賞味期限

個数:
電子版価格 ¥691
  • 電書あり

中経の文庫
首都圏「街」格差―「住みたい街」の賞味期限

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年06月29日 17時55分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 239p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046018885
  • NDC分類 361.78

内容説明

「住みたい街」としてメディアに頻繁にとりあげられる「街」、一部の人々からのディープな人気を誇る「街」、まだまだ「穴場」だが人気上昇中の「街」…。「街」の評価は時代とともに激動しています。いま首都圏で話題となっている様々な「街」をテーマ別に選定し、現地での観測調査と統計資料を使いながら、その実態をあぶり出していく1冊!

目次

第1章 人気の街に大異変が!「住みたい街」には賞味期限があった(下北沢―人気急落はなぜ起きた?「シモキタ」の失敗を探る;自由が丘―人気の出発点は改名だった!?女性が支えるオシャレな街 ほか)
第2章 東京都心の大動脈「山手線」「勝ち組」と「負け組」の正体とは?(恵比須―ビールとラーメンの街が、オシャレで安全な街に変貌!;新大久保―非日常の異文化体験は非日常だからこそおもしろい!? ほか)
第3章 人気沸騰!魅力たっぷり東京のディープタウン(赤羽―「現代」と「昭和」がほど良くミックス。いまが旬!;北千住―華麗なる大変貌を遂げ、イメージとのギャップが絶大! ほか)
第4章 ベッドタウン神奈川・千葉・埼玉の野望!(横浜―ハマっ子のプライドを支える「山手エリア」は広すぎ!?;船橋―千葉県民には好かれるも、見ている先は東京都心 ほか)

著者紹介

青山誠[アオヤママコト]
大阪芸術大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ランキング大変動!? あなたの「街」は“勝ち組”? “負け組”?「住みたい街」の正体をあばく!
「住みたい街」としてメディアに頻繁にとりあげられる「街」、一部の人々からのディープな人気を誇る「街」、まだまだ「穴場」だが人気急上昇中の「街」……。「街」の評価は時代とともに激動しています。いま首都圏で話題となっている様々な「街」をテーマに別に選定し、現地での観測調査と統計資料を使いながら、その実態をあぶり出していく1冊!

●下北沢の人気急落の原因は“古着屋ブーム”にあった!? 
●自由が丘が住みたい街になったのは街の名前を変えたから!?
●なぜ、吉祥寺は住みたい街ランキングで2位になってしまったのか?
●ビールとラーメンの街・恵比寿が住みたい街ランキング1位になったワケは?
●田端が山手線で1番地味なのは駅の立地条件が原因だった!?
●人気上昇中! 赤羽の「昼飲み」は軍隊の遺産だった!?
●吉祥寺よりも「治安のいい街」北千住は住みたい街ランキング上昇中!
●横浜の高級なイメージを広める「山手」。実は範囲が広すぎる?
●千葉県民が1番住みたい街・船橋。でも住んでいる人は脱千葉思考?
●埼玉一の高級住宅街・浦和は駅より学校の近くが人気のバロメーター?
●高層タワーがそびえる二子玉川の街並みは歴史の“必然”だった!?
●オジさんたち悔し涙! 中目黒の「高架下」はフツーとは違う
●三軒茶屋が他の“東急沿線”と、ひと味違っているワケとは?
●荻窪は“引っ越し”する人から愛される街って本当?
●「住みたい行政市区」No.1は港区なのに六本木は「住みたい街」ランク外!?
●区が違っても「目黒」と言いたくなるブランド。実は目黒駅も目黒区にない!?
●住宅街のイメージ皆無の新宿は、なぜ「住みたい街」に選ばれる?
●巨大ターミナルになったのは偶然!? 池袋は“消去法”で選ばれた街!?
●ますます向上する交通の利便性は、品川にとって“もろ刃”の剣か!?
●おばあちゃん、おじいちゃんもビックリ。いま“大巣鴨エリア”が人気拡大中!
●なぜ立川は多摩地域のトップランナーになれたのか?
●“蒲蒲線”の悲願達成で、蒲田が狙う大逆転ホームラン!
●順風満帆だった豊洲の街は、意外な“落とし穴”で正念場!
●なぜ、武蔵小杉は数年のうちに首都圏屈指の「住みたい街」になったのか?
●東京志向? 県内志向? 千葉の街の人気は二分されている!?
●千葉県民が強く推す津田沼は、魅惑の“買い物天国”!?
●埼玉一の「住みたい街」なのに、埼玉県民からの人気はイマイチ?
●商店街は県内一! いま川越は埼玉で一番ホットだ!

第1章 人気の街に大異変が! 「住みたい街」には賞味期限があった
下北沢/自由が丘/吉祥寺/二子玉川/中目黒/三軒茶屋/荻窪/中野/六本木

第2章 東京都心の大動脈「山手線」 「勝ち組」と「負け組」の正体とは?
恵比寿/新大久保/鶯谷/田端/目黒/新宿/池袋/品川/巣鴨

第3章 人気沸騰! 魅力たっぷり 東京のディープタウン
赤羽/北千住/小岩/立川/大井町/蒲田/清澄白河/秋葉原/豊洲

第4章 ベッドタウン 神奈川・千葉・埼玉の野望!
横浜/船橋/浦和/武蔵小杉/相模原/千葉/津田沼/大宮/川越

首都圏「街」格差研究会[シュトケンマチカクサケンキュウカイ]
首都圏で「住みたい街」として人気の各街の実態を、フィールドワークや収集したデータをもとにして研究している。実際に現地で感じる「街」の印象を大切にし、住む人にとって本当に「価値ある街」とは何かを日々追い求めている集団。

青山 誠[アオヤマ マコト]
大阪芸術大学卒業。ウェブサイト「BizAiA!」で『カフェから見るアジア』を連載中。著書に『坂野惇子』(中経の文庫)、『江戸三〇〇藩 城下町をゆく』(双葉新書)、『世界「最強軍人」列伝』(宝島SUGOI文庫)などがある。