個人ではじめる輸入ビジネス―ホントにカンタン!誰でもできる! (改訂版)

個数:
電子版価格 ¥1,512
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

個人ではじめる輸入ビジネス―ホントにカンタン!誰でもできる! (改訂版)

  • ウェブストアに46冊在庫がございます。(2016年12月11日 19時17分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 301p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046018021
  • NDC分類 678.4

内容説明

これ1冊でOK!決定版完全マニュアル。まったくの初心者にもわかりやすい丁寧な解説により、楽しみながら海外商品を発掘できる。独占販売権取得など稼げるノウハウ満載!

目次

第1章 誰でもできる輸入ビジネスの魅力
第2章 今すぐ輸入ビジネスを始めるべき8つの理由
第3章 商品発掘のツボと取引におけるルール
第4章 有利な輸入契約の結び方
第5章 代金決済・通関・保険の仕組み
第6章 売価設定と販路の作り方
第7章 外国人にYes!と言わせるマル秘交渉術
展示会での英語によるFACE TO FACEの商談15ステップ

著者紹介

大須賀祐[オオスカユウ]
ジェトロ認定貿易アドバイザー(現・AIBA認定貿易アドバイザー)、日本貿易学会正会員、著述家、講演家、株式会社インポートプレナー最高顧問。早稲田大学商学部卒。東証一部上場企業入社後、3年目で最優秀営業員賞を受賞するも、国内ビジネスに失望し、会社を退社。その後、輸入にその身を投じる。2004年2月貿易資格「ジェトロ認定貿易アドバイザー」(現AIBA認定貿易アドバイザー)を取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

粗利50%以上は当たり前。10円の○○が1980円で売れる秘密を大公開最強のビジネスモデルがこれ1冊で丸わかり。
海外旅行や海外出張のついでに稼げる。

輸入ビジネスアドバイザーとして、クライアントとともに年間100日強を海外で過ごし、7000人を超える人たちを指導し、短期間で結果を出してきた驚異のプログラムの書籍化。
そのキモとなる独占販売権取得など、稼げるノウハウが満載。

◎輸入ビジネスを海外旅行で買い物をするのと同じくらい簡単にする方法
◎3センテンスでOK! 世界一簡単な輸入ビジネス英語
◎歴史的商品の第一発見者になる極意
◎サンプルを利用するマーケティング
◎独占販売権の取り方の秘密
◎あらゆる契約を有利に進めるコツ
◎スムーズに通関する裏技
◎粗利50%を確保する値付け法
◎簡単、堅実、ローリスクで見本市への出品する秘密
◎日本未上陸の製品を獲得するために
◎簡単に契約が取れる!商談15ステップ

本書は、海外旅行でブランド物や雑貨を買うのと同じくらいの気持ちで輸入ビジネスが可能であることを証明する指南書である。
この本に書いてある通りに行動を始めれば、面倒な途中経過を一気に短縮して、海外で商品発掘を楽しむいっぱしのインポーターになれる。

◎目次
【第1章】誰でもできる輸入ビジネスの魅力
【第2章】今すぐ輸入ビジネスを始めるべき8つの理由
【第3章】商品発掘のツボと取引におけるルール
【第4章】有利な輸入契約の結び方
【第5章】代金決済・通関・保険の仕組み
【第6章】売価設定と販路の作り方
【第7章】外国人にYes! と言わせるマル秘交渉術
【付 録】展示会での英語によるFACE TO FACEの商談15ステップ

大須賀 祐[オオスカ ユウ]
1955年9月生まれ。早稲田大学商学部卒業。株式会社インポートプレナー最高顧問。ジェトロ認定貿易アドバイザー。輸入ビジネス歴28年。現在までに5000件以上の商談実績と高いコミュニケーション術を駆使したコンサルティングはマスコミでも頻繁に紹介されている。