中経の文庫<br> 坂野惇子―子ども服にこめた「愛」と「希望」

電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

中経の文庫
坂野惇子―子ども服にこめた「愛」と「希望」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 191p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046017482
  • NDC分類 289.1

内容説明

神戸の裕福な家庭に生まれ育った坂野惇子。しかし、戦争が彼女から幸せな暮らしを奪った。それでも彼女は希望を捨てず、新しい時代を築く子どもたちを豊かに育む。上質な子ども服をつくる夢に向かって邁進するのだった―。神戸発祥の子ども服ブランド「ファミリア」創業者の凛とした生涯に迫る。

目次

第1章 神戸の裕福なお嬢さま(お洒落にうるさい神戸っ子は、ミニスカよりも「ファミカバン」を選ぶ;富豪の父は過保護で極端な心配性 ほか)
第2章 困難な時代の中で(阪神間のブームタウンに新居をかまえる;犬を連れて散歩する坂野夫婦の姿に見惚れて… ほか)
第3章 働き始めた奥さまたち(「働くことは、良いことだ」と、父の言葉に“戦後”を実感;「お金をください」のひと言が、どうしても言えない… ほか)
第4章 ファミリアの子ども服(モトヤ靴店からの独立、ファミリアの創業;天下の阪急百貨店を相手に「非常識」を押し通す ほか)
第5章 次世代に託した夢と希望(最後の大仕事、銀座に世界最大級の子ども用品店をつくる;戦後最高の好景気が、現役引退のチャンス!? ほか)

著者紹介

青山誠[アオヤママコト]
大阪芸術大学卒業。ウェブサイト「BizAiA!」で『カフェから見るアジア』を連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

新時代を生きる子ども達への母の深い愛情と美しい港街が織りなすストーリー神戸の裕福な家庭に生まれ育った坂野惇子。しかし、戦争が彼女から幸せな暮らしを奪った。それでも彼女は希望を捨てず、新しい時代を築く子ども達を豊かに育む上質な子ども服をつくる夢に向かって邁進するのだった。

『歴史読本』編集部[レキシドクホンヘンシュウブ]

青山 誠[アオヤマ マコト]
大阪芸術大学卒業。ウェブサイト「BizAiA!」で『カフェから見るアジア』を連載中。著書に『バンコク恋愛事情 愛タイ!』(双葉社)、『江戸三〇〇藩 城下町をゆく』(双葉新書)、『世界「最強軍人」列伝』(宝島SUGOI文庫)などがある。『広岡浅子』(新人物文庫)、『大橋鎭子と花森安治』(中経の文庫)の執筆を担当。