中経の文庫<br> ドラッカーと会計の話をしよう

個数:
電子版価格 ¥777
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

中経の文庫
ドラッカーと会計の話をしよう

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2016年12月05日 13時55分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 389p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046016508
  • NDC分類 336.9

内容説明

経営がうまくいかないイタリアンレストランオーナー町田は、ロスへのフライトで偶然隣に居合わせた西園寺から、一夜限りの「ドラッカー会計の授業」を受けることに―。「利益は存在しない」とは、はたしてどういう意味なのか?潰れかけた病院を「ドラッカーと知的生産性」の授業で立て直す「病院はなぜ儲からないのか」も同時収録。

目次

1 利益は幻想である(営利組織編)(ファーストクラス―レストラン経営者と謎の紳士;ディナータイム―利益が会社を潰す;あかりの消えた機内―「松」「竹」「梅」はどれがお得か?;真夜中の決断―コストカットは未来を奪う;再起の朝―客はオーケストラの何にお金を払うのか?;2年後―経営の神髄)
2 病院はなぜ儲からないのか(非営利組織編)(ニセ看護師と金満病院経営者;500万円の金婚旅行―「使命」のためなら赤字でもかまわないのか;大介の決断―黒字でなければ生き残れない;西園寺のレクチャー―なぜ病院は入院患者を追い出そうとするのか;再建のカギ―病院は燃費の悪いアメ車なのか;最後の問題―知識労働者と肉体労働者;新生・佐原病院―知識労働者の生産性イノベーション;馬淵美子の手紙)

著者紹介

林總[ハヤシアツム]
公認会計士、明治大学専門職大学院会計専門職研究科特任教授。国内外の企業約200社に対して管理会計システム・ERPシステムの導入、ビジネスコンサルティングをおこなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

新ビジネス小説! ドラッカー会計で潰れかけたレストランを立て直す物語知識ゼロから楽しめるビジネス小説! 飛行機で偶然、隣り合わせたレストラン経営と初老の男。潰れかけた店の復活を賭け、成田→ロス間の「一夜限りの授業」が始まる――。

林 總[ハヤシ アツム]
公認会計士、税理士、明治大学大学院特任教授(管理会計)。
外資系会計事務所、監査法人勤務を経て独立。
現在、経営コンサルティング、会計システムの設計・導入指導、講演活動を行っている。
ベストセラー『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』(ダイヤモンド社)、『ドラッカーと会計の話をしよう』(中経出版)ほか著書多数。