本木雅弘×真鍋大度 仕事の極意

個数:
  • ポイントキャンペーン

本木雅弘×真鍋大度 仕事の極意

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月03日 18時52分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784046016225
  • NDC分類 699.67

内容説明

二人の表現者が見据える未来とは―NHK Eテレの人気トークドキュメント「SWITCHインタビュー達人達」が書籍・特別編集版で登場!

目次

1 誰も見たことのない光景を求めて―本木雅弘の仕事と現在(「カタチ」を整える;ささやかな出合いが役者を変える ほか)
2 人間とテクノロジーの未来を考える―真鍋大度の仕事と現在(ライゾマティクスまで;エンターテインメントの仕事について ほか)
3 対談・第1部・僕らの「表現」が向かう未来―聞き手・本木雅弘(二人の出会い;楽しいから笑うのか、笑うから楽しいのか ほか)
4 対談・第2部・感情の伝え手という仕事―聞き手・真鍋大度(コンピュータが映画を批評する?;善人を演じるのがいちばんのストレス ほか)
5 それぞれの対談後記―あとがきにかえて

著者紹介

本木雅弘[モトキマサヒロ]
1965年埼玉県生まれ。81年デビュー。89年、映画『226』(監督・五社英雄)で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞、92年の『シコふんじゃった。』(監督・周防正行)、また自ら発案した『おくりびと』(2008年、監督・滝田洋二郎)で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。『おくりびと』は日本映画史上初となった米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した

真鍋大度[マナベダイト]
1976年東京都生まれ。メディア・アーティスト、プログラマー、デザイナー、映像作家、DJ、VJなど多様な顔を持つ。株式会社ライゾマティクス取締役。ジャズベーシストの父とキーボーディストで後に楽器メーカーに勤務する母のもとで育つ。東京理科大学理学部数学科卒業後、電機メーカーにシステムエンジニアとして入社、後にITベンチャー企業に移るが退職、2002年、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミーに進学、プログラミングを用いた表現を学ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

俳優・本木雅弘×メディアアーティスト・真鍋大度、二人の仕事の極意とは俳優・本木雅弘と、メディアアーティスト・真鍋大度が
仕事へのこだわり、極意を語り尽くす!
二人の意外な共通点とは?
NHK人気番組「SWITCHインタビュー達人達」の書籍SpecialEdition!

<目次>
STAGE1
誰も見たことのない光景を求めて 本木雅弘の仕事と現在 
■映画『永い言い訳』に出演して
■「カタチ」を整えれば心もついていく
■少しずつ役の姿を練り上げていく
■「どうせダメなら、いっそ飛び降りてしまえ」
■ささやかな出合いが役者を変える
■生と死の淵を覗きたくてインドへ
■自分とはまったく違う人がキャパシティを広げてくれる
■映画や芝居はあくまで現場主義
■五社英雄監督の映画づくりを体験して
■50代を迎えた今、思うこと  他

STAGE2
人間とテクノロジーの未来を考える 真鍋大度の仕事と現在
■好きなゲームに打ち込んだ子ども時代
■IAMASで学んだのは、自分のワクを取っ払っていくこと
■YouTube 以前と以後ではガラッと環境が変わった
■いいステージと悪いステージの境目を探る
■「期待には応えるけど、予想は裏切らなきゃいけない」
■想像力をどこまで発揮できるか
■「まだ誰も体験したことがないこと」を表現する
■表現したいという欲求の源にあるもの  他

STAGE3
対談・第1部 僕らの「表現」が向かう未来(聞き手・本木雅弘)
■二人の出会い
■楽しいから笑うのか、笑うから楽しいのか
■提案するのは、パフォーマンスの新しいカタチ
■日本だと「HOW?」、ヨーロッパだと「WHY?」
■これからのテクノロジーが向かう未来は?
■「リアルって何だろう?」
■メディアアートを使って世の中に貢献する  他

STAGE4
対談・第2部 感情の伝え手という仕事(聞き手・真鍋大度)
■コンピュータが映画を批評する?
■善人を演じるのがいちばんのストレス
■「あぁ、自分って本当に古いんだなぁ、もう」
■映画づくりにおける「組み合わせの妙」
■「引き算の美学」でメリハリをつける
■見る人の思いを対話的に引き出していく表現が、理想に近い
■リアルな味わいを出せる役者に  他

STAGE5
それぞれの対談後記 あとがきにかえて
■本木雅弘 → 真鍋大度
■真鍋大度 → 本木雅弘

本木 雅弘[モトキ マサヒロ]
本木雅弘(もとき まさひろ)/1965年埼玉県生まれ。俳優として本格的に活動して以降、映画『226』(89年)で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞、92年の『シコふんじゃった。』、2008年の『おくりびと』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞する。また、自らが発案した『おくりびと』は、日本映画史上初となる、米アカデミー賞外国語映画賞を受賞。以後、数々の作品で活躍中。

真鍋 大度[マナベ ダイト]
真鍋大度(まなべ だいと)/1976年東京都生まれ。メディア・アーティスト、プログラマー、デザイナー、映像作家、DJ、VJなど多様な顔を持つ。株式会社ライゾマティクス取締役。東京理科大学、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー卒業後、2006年にライゾマティクスを設立。さまざまなテクノロジーを駆使し、アートのみならず、音楽や映像などのエンターテインメントの世界でも独自のパフォーマンスを行い、世界中から注目を集める。15年よりR&D的要素の強いプロジェクトを手掛けるライゾマティクスリサーチを石橋素氏と共同主宰。

NHK「SWITCHインタビュー達人達」制作班[エヌエッチケースイッチインタビュータツジンタチセイサクハン]