女性に伝えたい 未来が変わる働き方―新しい生き方のヒントが見つかる、二極化時代の新提言

個数:
電子版価格 ¥1,512
  • 電書あり

女性に伝えたい 未来が変わる働き方―新しい生き方のヒントが見つかる、二極化時代の新提言

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年11月20日 06時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 327p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046016218
  • NDC分類 366.38
  • Cコード C0036

内容説明

男女雇用機会均等法の施行から30年が経ち、女性が働く環境はどう変わったか。どんな働き方が生まれているのか。5000人以上の働く女性を取材してきた元『日経WOMAN』編集長が綴る、二極化時代をしなやかに生きる法。

目次

第1章 仕事と子育て両立編
第2章 ライフコース編
第3章 働く女性の30年 A面・正社員
第4章 働く女性の30年 B面・非正規女子
第5章 キャリア編
第6章 これからの働き方、生き方を探る

著者紹介

野村浩子[ノムラヒロコ]
ジャーナリスト、淑徳大学教授。1962年生まれ。84年、お茶の水女子大学文教育学部卒業。就職情報会社ユー・ピー・ユーを経て、日経ホーム出版社(現日経BP社)発行のビジネスマン向け月刊誌『日経アントロポス』の創刊チームに加わる。95年、『日経WOMAN』編集部に移り、副編集長に。99年には、その時代に最も活躍した女性を表彰する「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」を立ち上げる。2003年1月から編集長。2006年12月、日本初の女性リーダー向け雑誌『日経EW』編集長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

元『日経WOMAN』編集長が提案する、二極化時代の新しい生き方、働き方働きにくさ、生きづらさを変えるためのヒント。

男女雇用機会均等法の施行から30年が経ち、女性たちの労働環境はどう変わったか。多様化する時代の中で、自分らしく働くためにはどうすればよいか。豊富な事例から、新しい時代の「働き方」「生き方」を探る。

<目次>
第1章 仕事と子育て両立編
◆残業できる人、できない人
◆家事・育児を手放せない人、任せられる人

第2章 ライフコース編
◆専業主婦か、キャリア女性か
◆扶養枠を超える人、超えない人
◆子どものいる人、いない人

第3章 働く女性の30年 A面・正社員
◆総合職か、一般職か
◆男女雇用機会均等法の産みの親、赤松良子さんに聞く

第4章 働く女性の30年 B面・非正規女子
◆非正規で働く女性
◆シングルマザー

第5章 キャリア編
◆管理職になりたい人、なりたくない人
◆女性起業家

第6章 これからの働き方、生き方を探る
◆二極化の時代に、どう働くか
CHOICE 1 ◆年収300万円、世帯年収600万円の幸せ
CHOICE 2 ◆地方でスローライフ、スローキャリア
CHOICE 3 ◆専門性を生かして週4日働く
CHOICE 4 ◆変わる会社員1 多様な働き方を選択する自由と責任
CHOICE 5 ◆変わる会社員2 副業やプロボノで、会社の垣根を超えて働く
CHOICE 6 ◆変わる会社員3 「シェア」が広げる可能性

第1章 仕事と子育て両立編
◆残業できる人、できない人
◆家事・育児を手放せない人、任せられる人

第2章 ライフコース編
◆専業主婦か、キャリア女性か
◆扶養枠を超える人、超えない人
◆子どものいる人、いない人

第3章 働く女性の30年 A面・正社員
◆総合職か、一般職か
◆男女雇用機会均等法の産みの親、赤松良子さんに聞く

第4章 働く女性の30年 B面・非正規女子
◆非正規で働く女性
◆シングルマザー

第5章 キャリア編
◆管理職になりたい人、なりたくない人
◆女性起業家

第6章 これからの働き方、生き方を探る
◆二極化の時代に、どう働くか
CHOICE 1 ◆年収300万円、世帯年収600万円の幸せ
CHOICE 2 ◆地方でスローライフ、スローキャリア
CHOICE 3 ◆専門性を生かして週4日働く
CHOICE 4 ◆変わる会社員1 多様な働き方を選択する自由と責任
CHOICE 5 ◆変わる会社員2 副業やプロボノで、会社の垣根を超えて働く
CHOICE 6 ◆変わる会社員3 「シェア」が広げる可能性

野村 浩子[ノムラ ヒロコ]
ジャーナリスト、淑徳大学教授。1962年生まれ。お茶の水女子大学文教育学部卒業。就職情報会社ユー・ピー・ユーを経て、日経ホーム出版社(現日経BP社)へ。95年、『日経WOMAN』副編集長。99年には、その時代に最も活躍した女性を表彰する「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」を立ち上げる。03年から編集長に。その後『日経EW』編集長、日本経済新聞社・編集委員などを経て、2014年から淑徳大学人文学部表現学科長・教授。著書に『働く女性の24時間』(日本経済新聞出版社)、『定年が見えてきた女性たちへ』(WAVE出版)。