ワタミの失敗―「善意の会社」がブラック企業と呼ばれた構造

個数:
電子版価格 ¥1,512
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ワタミの失敗―「善意の会社」がブラック企業と呼ばれた構造

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 01時28分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046015792
  • NDC分類 673.9

内容説明

その「落とし穴」はすべての会社に待ち受けている。ワタミの社内改革を調査したコンサルタントによるブラック企業分析と対策。

目次

第1章 ベンチャーの旗手が「ブラック企業」と呼ばれるまで
第2章 日本の会社がブラック企業になっていくメカニズム
第3章 「ブラック企業」と呼ばれたとき、企業はこれだけの財産を失う!
第4章 御社が「ブラック」と呼ばれたときにはどうする?
第5章 世間にブラック企業といわれないために今日からやるべきこと
第6章 その後のワタミ

著者紹介

新田龍[ニッタリョウ]
働き方改革総合研究所株式会社代表取締役、ブラック企業アナリスト。ブラック企業問題の専門家。ブラック企業から組織と人を守るコンサルティング、企業の働き方改革推進による脱・ブラックのためのアドバイスを手掛ける。大学卒業後、複数のブラック企業において事業企画、営業管理職、人事採用担当を歴任。仕事柄、数多くのブラック企業と関わりを持つなかで「ハードワークでプレッシャーがある環境でも、従業員のモチベーションを高める」独特のマネジメント手法や「不充分なリソースでも、うまく活用して成果に繋げる」事業運営手法にまつわる知見を深める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

青年社長・渡邉美樹のワタミはなぜブラック企業となったのか?獺祭 旭酒造代表取締役社長 桜井博志氏 推薦!
「部下のことが大好きで、社員としての成長を願い、その部下の幸せを祈る」――この渡邉美樹氏の言葉のどこが間違いだったのだろう。真面目で一生懸命な経営者とその部下たちがそれゆえにこそ落ち込んでしまう陥穽と危機。本書はその原因と過程を厳しく追及しています。自分はまっすぐで善意を信じて一生懸命生きていると思う企業人こそ読んでほしい謦咳の書です。


カリスマ経営者・渡邉美樹のもと、やる気に満ちた幹部や社員たちの「善意の会社」がなぜブラック企業となったのか?ブラック企業問題の専門コンサルタントがワタミの現場を詳細に調査、分析しブラック企業にならないための方策を解説

近年「ブラック企業」という言葉が、広く使われるようになりました。その代表格してあげられるのが、渡邉美樹氏創業のワタミグループ。

ブラック企業問題の筆頭に挙げられ、世間にネガティブイメージを持たれた結果、ワタミグループの店舗からは客が離れ、求人募集では定員割れを起こす事態に。こうした影響から2014年3月期には、上場後初の赤字に転落し現在も厳しい経営状況が続いています。

本企画の著者となる新田龍氏は、日本でも珍しい「ブラック企業アナリスト」。現在はワタミグループからの要請を受けて、グループの「新卒採用プロジェクトアドバイザー」を努めています。

著者が実際にワタミのブラック企業への転落の内幕、経営者、幹部をはじめとする会社の対応、社員への直接インタビューなど詳細を調査してわかったのは、ワタミが決して経営陣、会社の違法な「ブラックな」姿勢、経営によりブラック企業化したわけではない、ということ。

むしろ、社会へのな貢献、顧客満足、あくなき企業努力、社員の成長を求める、という、いわば「善意の会社」でした。これは創業者渡邉美樹氏をテーマとした高杉良著『青年社長』などからもわかることです。しかし現実として、ワタミはブラック企業となってしまった。

なぜなのか?--そこには成長企業だからこそ起き得る「落とし穴」の存在があった。


本書は、ワタミグループに起きた事実を調査し、ワタミに限らずブラック企業に至るプロセスと脱却方法を解説。ワタミグループ以外の事例も多数紹介。
中小企業、ベンチャー、成長企業の経営者はもちろん、働くあなたが「自らを守るために」押さえておきたい1冊。

第1章 ベンチャーの旗手が「ブラック企業」と呼ばれるまで
第2章 日本の会社がブラック企業になっていくメカニズム
第3章 「ブラック企業」と呼ばれたとき、企業はこれだけの財産を失う!
第4章 御社が「ブラック」と呼ばれたときにはどうする?
第5章 世間にブラック企業といわれないために今日からやるべきこと
第6章 その後のワタミ

新田 龍[ニッタ リョウ]
働き方改革総合研究所株式会社代表取締役。ブラック企業問題の専門家。ブラック企業から組織と人を守るコンサルティング、企業の働き方改革推進による脱・ブラックのためのアドバイスを手掛ける。
2007年、働き方改革総合研究所株式会社を設立。ブラック企業のマネジメント手法を適法に応用して働き方と労働環境を改革するコンサルティング事業を展開。NHK「週刊ニュース深読み」をはじめとしたメディア出演とともに、企業経営者・ビジネスパーソンに向けた、働く環境・働き方に関する知見を提供する著書多数。