「運」を育てる―麻雀界の異端児 土田浩翔の流儀

個数:
電子版価格 ¥1,350
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

「運」を育てる―麻雀界の異端児 土田浩翔の流儀

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月08日 21時37分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 173p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784046015532
  • NDC分類 797.5

内容説明

負けを受け入れる力で麻雀は強くなる!強運を引き寄せる法則。

目次

序章 「運」を知る(数字の虜;知らない世界を知る ほか)
第1章 「運」に気づく(運を大別する;あらゆるものを擬人化する ほか)
第2章 「運」を育てる(認めたくない自分を書き出す;心が乱れたときの修正法 ほか)
第3章 「運」と向き合う(50歳で味わった挫折;場にそぐわない存在 ほか)
第4章 「運」を磨く(「牌品高」の精神;強くなりたい。そう願うみなさんへ ほか)

著者紹介

土田浩翔[ツチダコウショウ]
1959年、大阪生まれ。小樽商科大在学中、第3期日刊スポーツアマ最高位戦で全国優勝。就職が決まっていたが、麻雀プロを目指す。1986年、日本プロ麻雀連盟のプロテストを受け、トップ合格。2006年、日本プロ麻雀連盟から独立、日本麻雀機構を創設し、理事長に就任。2007年、RMUに参加。2009年、麻雀アカデミー開講。東京と大阪で上級者、プロを育てる。2010年、RMUを退会。日本麻雀機構の一時休止を発表。2011年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会し、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「強運」は、誰にでも育てられる!プロデビュー30周年記念出版!
プロ雀士・土田浩翔が、プロ生活30年の中で磨きあげた、「運」を引き寄せるためのスペシャルメソッドを大公開!

「運」は、偶然ではなく、必然としても手に入れられる。
そのためには何をすべきか――
土田プロが明かす、強運を引き寄せる法則とは――

本書を読めば、麻雀が加速度的に強くなる!


<目次>
序章 「運」を知る
(数字の虜/知らない世界を知る/打ち砕かれたデータ分析/プロ入り宣言/10箇条/“雀鬼”と出会い、「運」を知る/運こそすべて/自己犠牲の精神)

第一章 「運」に気づく
1/運を大別する
2/あらゆるものを擬人化する
3/運気の高低測定法
4/運気回復法
5/手順を変えて運気を変える
6/ミスを肯定する

第二章 「運」を育てる
7/認めたくない自分を書き出す
8/心が乱れたときの修正法
9/心を開いて道を開く
10/自分を俯瞰する
11/東場の哲学、南場の哲学
12/根気よく励ます 
13/予測がすべて
14/直感を大切にする
15/損得勘定に溺れ、大事を失う
16/対局に向けて心がけていること

第三章 「運」と向き合う
17/50歳で味わった挫折
18/場にそぐわない存在
19/牌に愛された人との最期の対局
20/迷ったら、苦しいほうを選択する
21/「何を切る」よりも大切なこと
22/「実況」と「解説」の違い
23/真のコミュニケーションを築く

第四章 「運」を磨く
24/「牌品高」の精神
25/強くなりたい。そう願うみなさんへ
26/率先者になる
27/無駄のない“摸打”
28/運を呼び込む“挨拶”と“姿勢”
29/“推牌”とは思いやり
30/ラス目の心得
31/トップ目の心得
32/互いに補い合う
33/「牌品低」ワースト10
34/牌たちへの敬意

土田浩翔[ツチダコウショウ]
1959年、大阪生まれ。小樽商科大在学中、第3期日刊スポーツアマ最高位戦で全国優勝。就職が決まっていたが、麻雀プロを目指す。1986年、日本プロ麻雀連盟のプロテストを受け、トップ合格。2006年、日本プロ麻雀連盟から独立、日本麻雀機構を創設し、理事長に就任。2007年、RMUに参加。2009年、麻雀アカデミー開講。2010年、RMUを退会。日本麻雀機構の一時休止を発表。2011年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会し、現在に至る。「鳳凰位」「最強位」「王位」「モンド21杯」「十段位」など、タイトル多数。