関白秀次の切腹

個数:
電子版価格 ¥1,080
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

関白秀次の切腹

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月05日 07時45分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 301p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784046015457
  • NDC分類 289.1

内容説明

通説を覆す新解釈!秀吉は甥を殺すつもりではなかった!?―421年目の謎解きに挑む!

目次

1 豊臣政権の評価と「秀次事件」
2 事件の概要と疑問点・矛盾点
3 秀次の前半生
4 丸一ヶ月に及んだ「修羅場」
5 「イメージ」の源流を探る―「秀次事件」像の分水嶺
6 秀吉は切腹を命じたのか―『甫庵太閤記』と秀吉朱印状写の矛盾点
7 秀次切腹の衝撃―後付けされた罪状

著者紹介

矢部健太郎[ヤベケンタロウ]
1972年、東京都生まれ。2004年、國學院大學大学院文学研究科日本史学専攻博士課程後期修了、博士(歴史学)。防衛大学校人文社会科学群専任講師を経て、國學院大學文学部教授。専門は、日本中世史、戦国・織豊期の政治史・公武関係史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

秀次はみずから切腹した? 史料で読み解く一級の歴史ミステリー!

天下統一を果たした豊臣政権を揺るがした《秀次切腹事件》。「実子・秀頼のために秀次を切腹させた」という通説は疑問に満ちていた。なぜ秀次は切腹し、一族は処刑されたのか? 通説を覆す、事件の真相とは……?

【著者紹介】
HASH(0x39fd148)