無印良品とはじめるミニマリスト生活

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

無印良品とはじめるミニマリスト生活

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 123p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784046014719
  • NDC分類 590

内容説明

365日、「すっきり」が続く部屋のつくり方。大人気ブログ「少ない物ですっきり暮らす」の「収納」「インテリア」「服」「モノ選び」を大解剖!おうちの無印良品で、今すぐ真似できる!

目次

1 「無印良品」と、ミニマリスト生活をはじめよう(「転勤族」がきっかけで、ミニマリスト生活へ;ミニマリスト生活で、家族のけんかが減りました ほか)
2 今ある「無印良品」と暮らすミニマリストの部屋づくり(ミニマリストの部屋づくりは「色の数」がポイントです;リビングの仕組み ほか)
3 「無印良品」フル活用!ミニマリストの収納ルール(ミニマリストの収納とは「きれいにしまうこと」ではありません;ルール1 余白を4割つくる ほか)
4 「無印良品」で着回すミニマリストのクローゼット(服を「制服化」したら自分らしい着こなしができました;ミニマリストが手放せない「無印良品」のベストウエア5 ほか)
5 なぜ「これ」を選ぶのか?ミニマリストのモノ選び(モノ好きミニマリストの最小限のモノ選び;モノ選びの基準1 うっとりするデザインのモノを買う ほか)

著者紹介

やまぐちせいこ[ヤマグチセイコ]
ブログ「少ない物ですっきり暮らす」主宰。通称やまさん。「にほんブログ村」ライフスタイル部門1位の、大人気ブロガー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

大切なのは「捨てる」より「続ける」。家族皆でミニマリストになろう!

★おうちにある無印良品で今すぐマネできる! 365日、「すっきり」が続く部屋のつくり方

話題の「ミニマリスト」生活は、子供がいても、片づけが苦手でも実現できます!強い味方が、無印良品のインテリアや雑貨、洋服たち。大人気ブロガーやまさんが教える、人生が変わり、家族が変わる32のルールが1冊に!

---------------------------------------------------
【捨てて、捨てて、捨てて……それでも残ったのが無印良品でした】
インテリア大好き! 雑貨大好き!だった著者のやまさんは、「北欧系」「ナチュラル可愛い系」など、部屋のテイストをころころ変えていました。無印良品の「底力」に気づいたのは、今から3年ほど前。今の家に引っ越すタイミングで、家具や雑貨を大量に捨てたときのことです。捨てて、捨てて、捨てて……部屋を整理し終わったとき、部屋に残ったモノが無印良品ばかり。長年友達だと思っていた異性が実は「運命の人だった」と気づいた瞬間でした。

【ミニマリストの部屋づくり、収納、クローゼットを徹底解剖!】
本書では、大人気ブロガーやまさんが「無印良品」とともに実践するミニマリスト生活のコツを、徹底解剖しています。
「部屋が散らかっていて、どこから手をつけていいかわからない」
「ミニマリストって独裁者っぽい……家族に実践してもらうのは大変そう」
「服にお金をかけられない。少ない服でおしゃれになるコツは?」
などの悩みを持つ方でも、今すぐマネできる内容が満載です。

【ミニマリストが選ぶ「無印良品」ベスト10も発表!】
さらに、ミニマリストが厳選した本当にすごい無印良品ベスト10も掲載。
3位 歯みがき
2位 重なるラタン長方形バスケット
そして1位は……?
買いすぎず、捨てすぎず。ミニマリスト流のモノ選びのコツをお伝えします。
---------------------------------------------------

★目次
Chapter1 「無印良品」と、ミニマリスト生活をはじめよう
Chapter2 今ある「無印良品」と暮らす ミニマリストの部屋づくり
Chapter3 「無印良品」フル活用! ミニマリストの収納ルール
Chapter4 「無印良品」で着まわすミニマリストのクローゼット
Chapter5 なぜ「これ」を選ぶのか? ミニマリストのモノ選び