1分間英語で自分のことを話してみる (カラー改訂版)

個数:
電子版価格 ¥1,620
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

1分間英語で自分のことを話してみる (カラー改訂版)

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784046014566
  • NDC分類 837.8

内容説明

本書には、仕事や趣味など、自分に関する40のトピックが収録されています。1つのトピックについて、対照的な立場のパターンAとパターンBがあるので、自分に合う幅広い表現を学ぶことができます。CDを繰り返し聞きながら、発音やイントネーションをまねてみましょう。シャドーイング(CDを途中で止めず流したまま、耳に聞こえてきた英語を次々と口に出す方法)を繰り返し、表現を「自分のもの」にすることで必ず確かな英語力が身につきます。

目次

第1章 自分・家族について、こんなふうに話してみよう!(自己紹介;ふるさと ほか)
第2章 日常生活について、こう言えばうまく伝わる!(食べ物;レストラン はか)
第3章 趣味や余暇で「自分らしさ」をうまく出そう!(旅行;音楽 ほか)
第4章 会社・仕事の話題をふくらまそう!(会社;仕事 ほか)
第5章 社会・人間に関して、自分の意見を伝えよう!(自然;環境 ほか)

著者紹介

浦島久[ウラシマヒサシ] [Davenport,Clyde]
1952年北海道豊頃町生まれ。小樽商科大学(経営学)、帯広畜産大学修士課程(農業経済)を修了。大学卒業後に松下電器産業株式会社(現:パナソニック株式会社)へ入社するが、1977年に北海道へUターンし、帯広市にて英会話学校「イングリッシュハウス・ジョイ」を設立。現在は、ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長、小樽商科大学特認教授

ダブンポート,クライド[ダブンポート,クライド]
1957年米国イリノイ州シカゴ生まれ。ソノマ州立大学(心理学)卒業後、オレゴン大学にて修士課程(アジア研究)を修了。1988年に来日し、帯広市にある英語学校「ジョイ・イングリッシュ・アカデミー」にて専任講師として勤務後、広島県立大学助教授として共通教育(英語)を担当。その後、英会話講師、英会話書の執筆、翻訳及び英文校閲の仕事に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「つながる会話」は自己紹介から。ショートスピーチで会話力完全アップ!ロングセラーがオールカラーで見やすくなって再登場!

家族や趣味、仕事など、自分に関する40のトピックを収録。「自分のこと」を言えるようになれば会話力が飛躍的にアップします!
それぞれのトピックは、ゆっくり読んで約1分間の長さで、各トピックについて、異なる2つの立場(例:トピックは「自己紹介」、パターンAは「明るい性格です」 パターンBは「内気な性格です」)を掲載。自分に合ったスピーチを選びつつ、幅広い表現を学ぶことができます。

第1章 自分・家族について、こんな風に話してみよう!
第2章 日常生活について こう言えばうまく伝わる!
第3章 趣味や余暇で「自分らしさ」をうまく出そう!
第4章 会社・仕事の話題をふくらまそう!
第5章 社会・人間に関して、自分の意見を伝えよう!

浦島久[ウラシマヒサシ]
1952年北海道豊頃町生まれ。小樽商科大学(経営学)、帯広畜産大学修士課程(農業経済)を修了。大学卒業後に松下電器産業株式会社(現:パナソニック株式会社)へ入社するが、1977年に北海道へUターンし、帯広市にて英会話学校「イングリッシュハウス・ジョイ」を設立。現在は、ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長、小樽商科大学特認教授。 著書に『自分の気持ちを1分間英語でつぶやいてみる』『3行英語で自分のことを書いてみる』(KADOKAWA)、『英会話3行革命』(IBC)、など多数。

クライドダブンポート[クライドダブンポオト]
1957年米国イリノイ州シカゴ生まれ。ソノマ州立大学(心理学)卒業後、オレゴン大学にて修士課程(アジア研究)を修了。1988年に来日し、帯広市にある英語学校「ジョイ・イングリッシュ・アカデミー」にて専任講師として勤務後、広島県立大学助教授として共通教育(英語)を担当。その後、英会話講師、英会話書の執筆、翻訳及び英文校閲の仕事に従事。