高校一冊目の参考書―行きたい大学に行くための勉強法がわかる

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり

高校一冊目の参考書―行きたい大学に行くための勉強法がわかる

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年06月24日 18時05分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046013538
  • NDC分類 376.8

内容説明

参考書中心主義者になれ!勉強に不安を抱く高校生・田中真草。趣味の古本探しで偶然訪れた「三陽堂古書店」との運命的な出逢いから、受験への考えが一変する。本当に効率の良い勉強法がストーリーで楽しくわかる新感覚参考書!

目次

「お前の考えはすべて逆だ」と言われた日
塾に対する認識を改めた日
地方の公立進学校に魔法はないことを知った日
環境は自ら創り出さないといけない、と言われた日
受験勉強は時間との勝負だと知った日
成績は学習時間×学習効率で決まると知った日
数学の勉強法が間違っているとわかった日
正しい学習観を持つことが大事だと知った日
英語は同じ問題を繰り返すことが大事だとわかった日
理科はイメージすることが大事だとわかった日
歴史は因果関係を掴むことが大事だとわかった日
現代文は「判読法」で読むものだと知った一日
「短期集中で繰り返しやる」が大事だとわかった日

著者紹介

船登惟希[フナトヨシアキ]
1987年新潟県佐渡島生まれ。東京大学理学部化学科卒業、同大学院理学系研究科化学専攻中退。新卒入社した株式会社DeNAを経て独立。東京大学へは、独学で現役合格した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ストーリーでサクサク読めて楽しく学べる、難関大学への効率の良い勉強法

「参考書中心主義者になれ!」
勉強に不安を抱く高校生・田中真草。
趣味の古本探しで偶然訪れた「三陽堂古書店」との
運命的な出逢いから、受験への考えが一変する。

勉強の心構えから参考書の使い方まで
効率的な勉強法がわかる14日間の物語

読めば、効率的で経済的な勉強法が面白いほどよくわかる!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件