新人物文庫
カメラが撮らえた明治・大正・昭和 皇族と華族

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 319p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046013279
  • NDC分類 288.4
  • Cコード C0121

内容説明

文明開化から世界大戦までの間に、多くの皇族・華族が、軍人や政治家、文化人などの立場で、時には時代を牽引し、時には時代に翻弄されながらも、華麗な足跡を残している。本書では、激動の時代を歩んだ貴人たちの歴史を、稀少な古写真とともに明らかにしていく。精細な肖像写真、豪勢で艶やかな宮廷衣装、日常を撮らえたオフショットなど、255枚の写真を収録。文庫化にあたり、新たに46枚の写真を追加した。

目次

1章 天皇家―激動の時代を歩んだ三代の天皇(明治天皇―伝統を重んじつつ「近代」創造の軸となった大帝の生涯;大正天皇―国民と皇室との絆を深めた気さくで優しい天皇;昭和天皇―常に「国民の幸福」を念じ自らを律し続けた天皇)
2章 宮家―皇室を支えた皇族たちの肖像(伏見宮家―多くの宮家の源流となった世襲親王家の筆頭;華頂宮家―伏見宮家から分かれ創設された宮家;有栖川宮家―戊辰・西南戦争で活躍した四親王家のひとつ ほか)
3章 華族―「公家」から変貌を遂げた日本の貴族(近衛公爵家―五摂家筆頭にして総理大臣も務める;鷹司公爵家―武家とも気脈を通じた五摂家の名門;九条公爵家―子女が孝明天皇と大正天皇に嫁いだ名門 ほか)

出版社内容情報

文庫化にあたり、新たに46枚の古写真を収録。精細な肖像写真、艶やかな宮廷衣装、日常を撮らえたオフショットなど、255枚の写真を掲載。三代の天皇家、宮家、華族の歴史を、稀少な古写真とともに明らかにする。