盲導犬の子犬と暮らした358日―新米「パピーウォーカー」日記

個数:
電子版価格 ¥1,404
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

盲導犬の子犬と暮らした358日―新米「パピーウォーカー」日記

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046012937
  • NDC分類 916

内容説明

赤い糸で結ばれた、たった1年の家族。笑って泣けるドタバタの毎日!“別れ”が決まった出会いもある―最後の手紙に、大粒の涙が流れます。

目次

はじめに 盲導犬の一生について
パピーウォーカーってなあに?
チーム山口の行動エリア
第1章 春―やんちゃ坊主「ヤン」が我が家にやってきた
第2章 夏―いっぱいいっぱい遊んであげよう
第3章 秋―少しずつ覚える、少しずつ慣れる
第4章 冬―盲導犬になる、を意識する準備
第5章 陽そして…巣立っていくこと
おわりに やってよかった、パピーウォーカー

著者紹介

山口花[ヤマグチハナ]
ライター、作家。1968年、新潟県生まれ。大学卒業後、広告代理店に勤務し、数多くの広告を手がける。結婚を機に退社後は、大学病院や郵便局などにも勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

盲導犬候補の子犬を家族として迎えた1年間の日記。人混みなどの色々な場所にでかけながら、社会や家庭の中で暮らすルールを学ぶ。いたずらっこのヤンと愛情一杯の家族が共に成長する、笑いあり、涙ありの物語。