自民党と戦後史

電子版価格 ¥1,620
  • 電書あり

自民党と戦後史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 231p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046002068
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C0031

内容説明

なぜ、自民党は長期にわたり政権を担当できたのか。戦後の出発から民主党政権崩壊まで含めた、歴代政権通史。

目次

プロローグ 戦後政治の概観と自民党
第1章 戦後民主化と政党活動の開始
第2章 自民党の誕生
第3章 高度経済成長の準備と安保闘争
第4章 高度経済成長の時代
第5章 安定成長への模索と田中支配
第6章 自民党の衰退、下野
第7章 五五年体制の崩壊
第8章 野党からふたたび与党へ

著者等紹介

小林英夫[コバヤシヒデオ]
1943年、東京生まれ。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。博士(文学)。専攻はアジア経済論/植民地の経済史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。