叛骨の宰相 岸信介

電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

叛骨の宰相 岸信介

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 406p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784046001412
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0021

内容説明

東条英機、小林一三、吉田茂に挑み、国民に媚びることなく、真の指導者たらんとした政治家がかつていた―。圧倒的な知識と教養、先見性と冷静な判断力、敵を作ることを恐れない強固な意志と実行力、人を捉えて離さない人間的魅力、そして強運…。政治家として理想的な資質を兼ね備えた岸信介の数々の業績は、首相の資質が国家の将来を左右するという厳然たる事実を我われに思い出させてくれる。現代日本人に向けた渾身の宰相論ここに誕生!

目次

尋常ならざる秀才
東京帝大教授の椅子を蹴って農商務省へ
国力伸張を夢見て
満洲に見た大アジア主義の夢
満洲に“二キ三スケ”あり
小林一三商工大臣との衝突
日米開戦
名に代へてこの聖戦の正しさを
巣鴨プリズン
幽囚の日々〔ほか〕

著者等紹介

北康利[キタヤストシ]
昭和35年12月24日名古屋生まれ。東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。平成20年6月にみずほ証券を退職し、本格的な作家活動に入る。『白洲次郎 占領を背負った男』(第14回山本七平賞受賞、講談社)など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。