角川文庫 角川スニーカー文庫<br> 神様ゲーム〈8〉カミニナニヲワタスベキ?

電子版価格 ¥858
  • 電書あり

角川文庫 角川スニーカー文庫
神様ゲーム〈8〉カミニナニヲワタスベキ?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 472p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784044714116
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

和家お茶会の席順を決めるための“通過儀礼”=移動遊園地に仕掛けられたゲームに挑むはめになった多加良は、同じく参加者で和家の親戚である朝都と鈴真の胸に、願いの植物と似た綿毛が咲いているのを発見する。二人の願いを探りながらアトラクションをクリアしていく多加良の前に、ゲームを妨害する正体不明の男たちが現れた。どうやらお茶会の席順には重大な理由があるらしい…。不思議の国の通過儀礼ゲーム、ついに決着。

著者等紹介

宮崎柊羽[ミヤザキシュウ]
第8回角川学園小説大賞・奨励賞受賞。6月26日生まれ。長野県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

東西

2
9年くらい前に読んだ1巻に続き、今年に入って2巻から通しで読んだけど、何か完結せずに終わった感 まぁ、それぞれの狙いなどはわかったけれど、それがどうなるのってところで終わってしまったw 面白かっただけに残念2017/06/18

みどり

1
打ち切りかあ2018/08/10

みっちー

1
☆2- 既刊最終巻。 生徒会メンバーの関係の軽妙さが魅力のシリーズだったと思うが、多加良一人(+小田がちょい役)では話の方向が直線的すぎる。成長途中の少年二人がメインにいるので、立ち止まって考えるようなシーンが多く、テンポが良くなかった感じ。続巻も出てないけれど、追いかけるのはここまでかな。2018/06/19

秋庭誠

1
B 「お茶会」編、後編。面白かったけれど、かなり長い印象を持った。今までの書き方でよかったのに…。朝都鈴真コンビが悪い…。生徒会陣のやり取りがもっと欲しかった。続編はもう無いんだろうな。2014/06/05

和泉冴

1
お茶会話の後編。ただただ長かっただけの印象。書き方一つなのだろうが、ここまでくどくど書かなくていいだろうと思えることが多数あって読むのがつらい。終わり辺りに物語の核心部分があって、終わりが近いんだなと思ったけれど、2年以上新刊が出てないしもうこれなかったことにしてるんじゃねーのって思う。2013/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1723476

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。