角川ビーンズ文庫<br> 瑠璃の風に花は流れる―紫都の貴公子

電子版価格 ¥484
  • 電書あり

角川ビーンズ文庫
瑠璃の風に花は流れる―紫都の貴公子

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 216p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784044471071
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

黒嶺宮殿で暮らし始めた緋奈の前に、側室候補と名乗る美少女・澪良が現れ、緋奈は複雑な気持ちに。さらに、紫洞の王子として黒嶺を訪問した男は深波にそっくりだった…!緋奈の心にある言い伝えが蘇る。“暁槻王族同士が結ばれると国は滅ぶ”―緋奈の不安をかき消すように、芦琉は緋奈を強く抱きしめるが…!?大好評エイジアン・ラブ・ファンタジー第二弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mie

4
シリーズ完結してるから最後まで読もうかなと。思うんだけどヒロインがちょっと浅はかで魅力薄。とりあえず次の巻は借りてあるので読もう。2013/07/05

エンブレムT

4
「お前を奪われるくらいなら、俺は一国分の民を殺すのなんてためらわない」王者の風格を既に備えてる凛々しい王太子がこんなセリフでヒロインに迫ってきます。ほぼ乙女系ゲームのノリですwストーリー云々は置いておいて、楽しんで読んでます。2009/10/27

絳楸蘭

3
裏切った元側近の身分が高くなって現れるのは王道よね。2013/07/22

chiwa

3
緋奈の事を大切に思うアシル、その思いにとまどう緋奈、緋奈のことを忘れられない深波、まだまだ先が気になります2009/03/11

シュウ

2
深波、好きになれなさそう。その上をいくのが雷音。こう言う人は私はどうも好きになれない。2014/02/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/546245

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。