角川ビーンズ文庫<br> ジャック・ザ・ルビー―遠征王と双刀の騎士

  • ポイントキャンペーン

角川ビーンズ文庫
ジャック・ザ・ルビー―遠征王と双刀の騎士

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 222p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784044450021
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

剣の腕をたよりに騎士をめざすジャック=グレモロンが、街の酒場で出会った青年オリエはとんでもないタラシ。なりゆきまかせにコンビを組んだ武術試合で、勝利を手にしたふたりだったが…気づけばなぜか女城守の愛人に!?のちに遠征王と呼ばれた男装の女王アイオリア一世と、双刀の剣士―敵の返り血で朱と染まる姿から、“ジャック・ザ・ルビー”と渾名された王騎士の、これがはじまりの物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

扉のこちら側

26
再読。2014年223冊め。10年ぶりくらいに読み直したが、いつ読んでも面白い。著者は一般文芸でも評価されるようになったが、この頃から実力派だった。2014/03/21

扉のこちら側

22
再読。2014年587冊め。実に完成度が高く、私の中では王朝ものとして十二国記と並ぶ評価。一般的にあまり知られていないのが本当にもったいない。2014/08/30

扉のこちら側

9
再読。綿密に練られた設定、伏線と魅力的なキャラクター。大好きなシリーズ。2010/02/02

でんか

6
なんだろう、すごい読みにくいと思ったら、やたらルビが振ってある、そして仮名にひらいてある。対象年齢がだいぶ下の想定だったんでしょうか。「まっている」とか漢字でいいと思うんだが、なぜ?。ちょっと児童書な趣きになってます。しまった、作品の本質じゃないことをぐたぐたスミマセン。話は文句なしに面白いです。構成も文章もさすがな感じ。笑えて、でもちゃんと続く嵐の予感も仕込んである。何はともあれつかみの一巻目。ジャックが出てきて、後の登場人物はさらっと紹介ぐらいかな。テンション高く、楽しんで読めますよん。2017/11/03

はなちゃん

5
『カーリー』がよかったので、こちらのシリーズに手を出してみました。世界観、キャラ設定がしっかりしていて読み応え充分。が、凄すぎて人物名や地名に苦戦しました(笑)。慣れれば大丈夫なんですかね?大人買いしたので読み進めてみたいと思います。2015/12/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/550148

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。