角川文庫 角川ソフィア文庫<br> 魂の旅―地球交響曲第三番

電子版価格 ¥604
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫 角川ソフィア文庫
魂の旅―地球交響曲第三番

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 278p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784044074012
  • NDC分類 914.6

内容説明

『地球交響曲第三番』撮影開始直前、新しい神話を探す旅に出る約束をした出演予定者、星野道夫の訃報が届く。「見えない星野を撮る」と決め、アラスカ、ハワイ、北海道へとワタリガラス神話に導かれて旅をする龍村は、星野の運命的友人達と出会う。神話の語り部ボブ・サム、宇宙物理学の巨星F・ダイソン、古代カヌーで五千キロ航海を成し遂げたN・トンプソン―。数々の“偶然の一致”が告げる「大いなる命の繋がり」とは。

目次

火より孵化ぃる
死の報せ
朝の光の中で
フリーマン・ダイソンの目
死は黄金色をしている
男の子宮
赤い実を食べる
決意
“魂”の創造
未知との遭遇〔ほか〕

著者紹介

龍村仁[タツムラジン]
1940年生まれ。映画監督。京都大学文学部美学科卒業後、NHKに入局。数々のフィルム・ドキュメンタリーを演出する。同局退社後、インディペンデント・ディレクターとしてドキュメンタリー、ドラマ、コマーシャル等の作品を手がける。92年よりドキュメンタリー映画『地球交響曲(ガイアシンフォニー)』のシリーズを公開。2000年春、龍村仁事務所を設立。06年に『地球交響曲第六番』を完成。同シリーズは全国でのべ220万人以上の観客を動員し、その数は今なおとどまることがない(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)