角川文庫 角川ソフィア文庫<br> 詩経・楚辞

個数:
電子版価格 ¥341
  • 電書あり

角川文庫 角川ソフィア文庫
詩経・楚辞

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月25日 16時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 219p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784044072278
  • NDC分類 921.32
  • Cコード C0198

出版社内容情報

三国志の英雄、曹操が戦場にまで持ち込んだ中国詩歌の原点を味わう。

結婚して子供をたくさん産むことが最大の幸福であった古代の人々が、その喜びや悲しみをうたい、神々への祈りの歌として長く愛読されてきた『詩経』と『楚辞』。中国最古の詩集をやさしい現代語訳で楽しむ。

内容説明

『詩経』と『楚辞』は、古くから「風騒」と呼ばれ、多くの人びとが親しみ、学んできた詩集。『詩経』から、恋や結婚、悲しみ、怒りなどの心情あふれる歌を、『楚辞』からは、神に捧げる歌舞劇だったという壮大なスケールの歌を味わい、古代の人々のこころにふれる。子孫繁栄と五穀豊穣を願う神々への祈りの言葉から生まれ、抒情的歌謡に発展した中国詩歌。その原点であるふたつの詩集が、一冊でわかる!一番やさしい入門書。

目次

『詩経』(恋のうた;結婚の成就と破綻を歌ううた;嘆きと悲しみのうた;恨みと怒りのうた;神祭り・魂祭りのうた)
『楚辞』(九歌;離騒)

著者等紹介

牧角悦子[マキズミエツコ]
1958年福岡市生まれ。九州大学大学院中国文学科修了。文学博士。現在、二松学舎大学文学部教授。中国文学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

しゅてふぁん

49
これまで読んできた漢詩とは全く違った雰囲気で、こんなに素朴な漢詩があったんだ、と新たな発見があって面白かった。『詩経』は原初は宗教歌だったのに、漢代には儒教の経典として読まれた、とか、『楚辞』は神々を祭る宗教歌舞劇だったものが、漢代には一人の主人公の愛国忠君の物語して読まれたなど、解釈の仕方が時代によって異なっている点も興味深い。時代を超えて読まれ続けた古典の‘言葉’の力は偉大だ。2019/07/10

しゅてふぁん

43
中国の古代詩が読みたくなって再読。古代人の生活に根付いた素朴な詩はとっても魅力的。どの詩も人々の生活の中で歌われていたんだなと思わせるものばかりで楽しい。そしてもっと興味深いのは楚辞。一応、歌、らしいけど、歌というよりは神話や歌舞劇のよう。天の最高神を祭る『東皇太一』、天上世界・崑崙山へと旅する『離騒』などなど、一度は通して読んでみたい作品。2020/05/24

BIN

5
タイトルの割には詩経がほとんどで、楚辞については少しだけで、特に原文はほんの少し。詩経と楚辞がどういうものか知る序文みたいなものです。楚辞=屈原だと思ってましたが違っていたとは。時代によって解釈が違い、儒教に合わせた解釈もなるほどなと思いました。それにしても原文の漢字難してく読めないし、仮借もあるから読むのが難しい。いつか読めるようにはなりたい。2015/11/06

nori_y

4
『離騒』の主人公が屈原じゃない?!とても易しい語り口で、これまで読んできた本とは違う視点を得られて面白かった一冊です。本当に儒家さんは儒教にご都合宜しい解釈がお好きなようで何ともはや。ところで『詩経』の木瓜で、女が気に入った男に酸っぱい果物を投げて求婚し、その男が受け入れるなら佩玉を贈り返すとあったのですが、ご婦人方から車に果物投げ込まれまくってた西晋イケメンツートップの片割れ・潘岳の逸話も、そういう事なんでしょうか。気になる。それにしても、人間の心ってのは当時も今も何も変わらないんだよなあとしみじみ……2018/05/09

naoudo

3
楚辞とは、楚の歌という意味でとらえて良いと思います。 楚文化圏には、他の国々とは異なる独自の文化が存在しました。それは、死者の霊魂を、とりわけ厚く祀る文化でした。2021/03/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4637996

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。