角川文庫 角川ソフィア文庫<br> 脳からみた心

個数:
電子版価格 ¥649
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫 角川ソフィア文庫
脳からみた心

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月21日 15時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 301p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784044052195
  • NDC分類 141.2
  • Cコード C0140

出版社内容情報

心をどう理解するか。神経心理学の窓から見た心の風景を描くロングセラー!目を閉じてと言われると口を開く失語症。見えない眼で点滅する光源を指さす盲視。神経心理学の第一人者が脳損傷の不思議な臨床例を通して脳と心のダイナミズムを解説。心とは何かという永遠の問いに迫る不朽の名著。

山鳥 重[ヤマドリ アツシ]
著・文・その他

内容説明

言葉・知覚・記憶からなる心の働きは、脳が傷を受けると不思議な壊れ方を見せはじめる。「目を閉じて」と言われると口を開ける失語症。見えないはずの眼で、点滅する光源を指さす盲視。発症時を起点に、記憶や未来の時間を失う健忘症―。脳損傷に関する数多くの臨床例を通して、脳の不思議と心のダイナミズムを平易に解説。神経心理学の第一人者が「心とは何か」という永遠の問いに迫る、不朽のロングセラー。

目次

1 言葉の世界(言葉は「意味野」の裾野をもつ;「語」の成立基盤;語は範疇化機能をもつ;「意味野」の構造;「語」から「文」への意味転換;自動的な言葉と意識的な言葉;言語理解における能動的な心の構え;状況と密着した言葉;言葉はかってに走り出す;過去の言葉が顔を出す;言葉の反響現象;言葉の世界は有機体)
2 知覚の世界(知覚の背景―「注意」ということ;注意の方向性;「見えない」のに「見ている」こと;「かたち」を見ること;「かたち」の意味;二つの形を同時に見ること;「対象を見る」とは何か;視覚イメージの分類過程;対象を掴む;私はどこにいるのか?)
3 記憶の世界(刹那に生きる;短期記憶から長期記憶へ;長期記憶が作られる過程;記憶の意味カテゴリー;記憶と感情の関わり;短期記憶はなぜ必要か)
4 心のかたち(言語と音楽能力は関係あるか;言語と絵画能力は関係あるか;左右大脳半球を分離する;人は複数の心をもつ;心のかたち)

著者等紹介

山鳥重[ヤマドリアツシ]
1939年、兵庫県生まれ。神戸大学大学院医学研究科修了。医学博士。1969~72年、ボストン大学医学部ニューロロジー教室のレジデント・プログラムに在籍。ボストン・ヴェテランズ・アドミニストレーション病院で失語症など高次脳機能障害の臨床に従事。以来、神経内科医として失語症の診察、研究にあたる。東北大学大学院医学系研究科教授、神戸学院大学人文学部教授を経て、2010年3月、同大学定年退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Eee

34
心理学や脳科学に精通していない人にも 読みやすく興味深い本だと思います 科学の発展を目の当たりにしながら 人間の不思議さを知ることができます2017/10/30

kasumi

2
脳に関する話は好物。なぜかな?こんなちっちゃな中に無限の広がりを感じるからかな。…我々は過去の結果であり、過去を背負って生きているが、実際にはその過去をうまく切り離している。自分が任意に思い出すことのできる記憶内容は我々の財産のほんの一部に過ぎない。心は安定かつ不安定、心は選択的かつ恣意的。見た、わかったと思ったことも必ずしも確実ではない。心は状況の中でしか育ちようがないので、状況依存症であるが、一方自己中心性を持っていることも事実。両傾向が交互に作用しつつ心すなわち個性を成熟させていく。…難しい本!2020/11/10

カナトキ

2
脳と心の関係について、言語、知覚、記憶、こころ、という各テーマに沿って、著者自身の臨床や過去の脳損傷事例をもとに丁寧に分析しまとめられている。今だからこそ脳機能に対する様々な画像診断も可能になってきたが、当時はまだ正にブラックボックスと言われていた脳について解釈を加えることはかなりの挑戦であったと思う。技術が進歩した現在においても、この姿勢から学ぶものは大きい。2017/11/28

ゆうき

2
脳というハードが損傷を受けた場合、脳が作り出す心というソフトにどのように影響を与えるのか。 脳が損傷を受ければ認識や記憶や行動や感情といった脳が作り出したモノは機能不全を起こす。脳で処理された情報という心も同じように欠損した状態となる。人間は脳があるから様々な情報を認識し処理を行う。その結果として心が生まれ自己となる。脳によって心が生み出され、脳の状態によって世界に対する認識も変容する。2014/07/10

木村勝哉

1
★★★★☆2018/09/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6803151

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。