おいしいものには理由がある

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり

おいしいものには理由がある

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月20日 14時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784044002701
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0076

目次

第1章 大豆が繋いでいく味(師匠と弟子―“納豆”群馬県下仁田納豆;煙突の味―“醤油”群馬県有田屋;木桶を守る―“醤油”小豆島ヤマロク醤油)
第2章 出汁、日本人はどこから来たのか(千三百年前の味を現代に―“潮鰹”西伊豆カネサ鰹節商店;日本から世界へ―“鰹節”焼津新丸正;昆布と日本人―“昆布”福井県奥井海生堂)
第3章 海と日本人(東北で牡蛎を食べた―“牡蛎”宮城県奥松島水産;また海に出る―“海苔”宮城県アイザワ水産;江戸前の佃煮―“佃煮”東京都遠忠食品)
第4章 山と畜産(牛は家族―“短角牛”岩手県柿木畜産;きれいはおいしい―“鶏肉”宮崎県黒岩牧場;白い奇跡―“牛乳”岩手県なかほら牧場)
第5章 二つの調味料(日本のウスターソース―“ウスターソース”浜松鳥居食品;マヨネーズのある人生―“マヨネーズ”埼玉県ななくさの郷)

著者紹介

樋口直哉[ヒグチナオヤ]
作家・料理人。1981年5月19日東京都生まれ。服部栄養専門学校卒業。2005年『さよならアメリカ』で第48回群像新人文学賞を受賞しデビュー、同作で芥川賞候補となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

和食が世界遺産に制定され、日本料理はここ十年余りの世界的な流行になった。外国の料理人の多くも関心を持って、誰もがそれを理解しようとしている。しかし、当の日本人の多くは日本料理を意識することすらなくなってきているのではないか。そこで、日本の食を支えている食材の生産者や職人を、作家であり料理人である著者が訪れて、私たち日本人が実は知らない日本の“食”を紹介する。自らの仕事に誇りと情熱を持ち、それに打ち込む姿は我々日本人が誇るべきものであり、それが我々の食文化を守っていることがよくわかる。作家ならではの筆致と、料理人ならではの視点をもつ著者ならではの文章には他を寄せ付けない力強さがある。ダイヤモンドオンラインの連載『ニッポン 食の遺餐探訪』に加筆・再構成。