角川文庫<br> パラオ攻略戦―機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)〈4〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
パラオ攻略戦―機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)〈4〉

  • 福井 晴敏【著】
  • 価格 ¥616(本体¥560)
  • 角川書店(2010/05発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 10pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月21日 18時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 274p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043943609
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

資源衛星“パラオ”。そこは反政府組織ネオ・ジオンの拠点であると同時に、宇宙移民政策の歪みが生み出した「虐げられた民」の生活の場でもあった。それまで敵としか捉えられなかった人々と心を通わせ、少しずつ現実を見る目を養ってゆくバナージ。だが『ラプラスの箱』の奪還を目論む連邦政府は、“パラオ”に無謀とも言える攻略戦を仕掛けつつあり―。SF文学の新たな可能性、慟哭の第4弾。

著者等紹介

福井晴敏[フクイハルトシ]
1968年、東京都墨田区生まれ。98年「Twelve Y.O.」で第44回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。99年『亡国のイージス』では第2回大薮春彦賞、第18回日本冒険小説協会大賞、第53回日本推理作家協会賞を受賞。2002年『終戦のローレライ』では第24回吉川英治文学新人賞、第21回日本冒険小説協会大賞を受賞。05年には原作が3本映画化された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

いりあ

25
福井晴敏の"機動戦士ガンダムUC"第4巻。パラオを中心にした話です。1、2巻ではビスト財団、3巻では連邦軍、そして本巻ではネオ・ジオン軍の視点で物語が語られます。今回の見せ場は、バナージとマリーダの戦闘シーンです。MSを使っての戦闘の描写も素晴らしかったですが、ニュータイプと強化人間の共鳴により明らかになったマリーダの過去が壮絶でした。"機動戦士ガンダムZZ"で出てきたプルシリーズの後日談がここまでとは…。さて、敵味方それぞれのリアルを知ったバナージは一体どんな選択をするのか、続きが楽しみです。2013/02/24

がらは℃

21
旧作との繋がりが垣間みれて興味深かった。それにしても赤い人がサクッと仮面を外してしまって、ちょっとビックリ。バジーナとリディの成長を感じられる巻だった。2010/08/15

ゲンショウ

19
引き続き四巻拝読。少年と少女達の覚悟。大人達の決意。そうした全ての事柄を、エゴに絡め捕ろうとする、器と称する男。そして、本性顕す白い悪魔…そんな状況下で、可能性を示す少年。結局、シャアは‘健やかな強さ’に焦がれたのかも知れませんね…。∀に通じる部分を垣間見せつつ、五巻へ!2012/07/02

ダージリン

18
フル・フロンタルとバナージの、さしでの対面シーンに胸を高鳴らせました。仮面も外してもらったし(笑)。しかし、後半は福井節炸裂~読みごたえあり。2011/03/09

いちろ(1969aMAN改め)

15
思いの外、重たい。そして誰を応援すれば良いのか。機械の意思に飲まれないバナージは果たして父の求める者なのか?それとも共感は機械の意思なのか?地球へ向かってもなー、と思うのだが、地上戦もガンダムには必要か。2012/10/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/587173

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。