角川文庫
螺鈿迷宮〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 222p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043909018
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。東城大学の劣等医学生・天馬大吉はある日、幼なじみの記者・別宮葉子から奇妙な依頼を受けた。「碧翠院桜宮病院に潜入してほしい」。この病院は、終末医療の先端施設として注目を集めていた。だが、経営者一族には黒い噂が絶えなかったのだ。やがて、看護ボランティアとして潜入した天馬の前で、患者が次々と不自然な死を遂げた!彼らは本当に病死か、それとも…。

著者等紹介

海堂尊[カイドウタケル]
1961年、千葉県生まれ。2006年、『チーム・バチスタの栄光』で第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞してデビュー。同作は映画化、ドラマ化され大ベストセラーとなる。08年、『ブラックペアン1988』で山本周五郎賞候補になり、『死因不明社会』にて第3回科学ジャーナリスト賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

179
この作家さんの作品を読むのは久しぶりです。映画化された作品を見ているので読んでいると、阿部寛の顔が目に浮かんできます。この作品の主人公はどちらかというと若い人で医学生のようですが、医療ミステリーとしてはかなり現場を熟知している人が書かれているせいか非常に興味深い気がしました。終末治療の在り方もかなり面白い観点があります。2017/04/02

青葉麒麟

123
遂に《氷姫》が出て来てワクワクした。医療モノでこんなにサクサク読めるのは此の作家だけでは?題名を螺旋と間違える( ̄▽ ̄;)2011/08/05

とら

122
海堂さんの本は架空の地方都市である桜宮市を舞台にした「桜宮サーガ」と呼ばれ、少しづつリンクしている。この作品もその一つで、刊行された順番で読むとナイチンゲールとジェネラルルージュの間だったので読むことに。姫宮って聞いたことあるなあと思ったらやっぱり白鳥のあれだったか!バチスタでは描写ほとんど無かったけれどこの作品ではがっつり。結構可愛いのねwあと何か、すみれや巌雄の発言が鼻にかかる。これってただ海堂さんの意見をキャラクターに言わせてるだけ。医療の批判ばかりで上から目線。そこだけが読みにくい!下巻に続く━2012/11/12

まひはる

113
ミス・ドミノ姫宮のドジっぷりには、ア然!三原色西遊記トリオのネーミングは、なかなか面白い。Bravo!白鳥も登場してきて、下巻に期待。2012/10/26

がらは℃

105
不幸が不幸を呼ぶ天馬と、トラブルがトラブルを呼ぶ姫宮とのやり取りが面白い。相変わらず舌好調の白鳥や猪突猛進の巌雄も登場したからなのか、終末期医療を舞台にした物語とは思えないほど軽快な展開!と思っていたら、最後に謎と伏線と悲しみを搦み取りながら下巻へ。。。2010/09/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/576517

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。