• ポイントキャンペーン

角川文庫
古代天皇はなぜ殺されたのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 229p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043828081
  • NDC分類 210.3

内容説明

神武天皇は本当に架空の人物なのか。百歳以上の天皇が多いのはなぜなのか。日本書紀が記す「天皇一家急死」事件の謎とは。―戦後の古代史学界によって歪められ、封印された歴史を、「古代からの伝言」シリーズの著者が、日本書紀、好太王碑、鉄剣銘文などの文献・記録を精査し、解き明かす。学界に葬られた古代天皇が蘇り、私たちの前に確かな証言をつきつける!日本の古代史に新たな光をあてた画期的労作、待望の文庫化。

目次

序章 古代天皇はなぜ殺されたのか
第1章 神武の復活
第2章 邪馬台国と大和
第3章 崇神天皇の虚像と実像
第4章 国家統一へのドラマ
第5章 好太王碑の証言
第6章 「天皇一家急死」のなぞ
終章 古代史に新たな光を

著者紹介

八木荘司[ヤギソウジ]
1939年、兵庫県生まれ。京都大学文学部卒業。63年、産経新聞社入社。大阪本社編集局社会部長、同編集長、東京本社論説委員長を経て、編集特別委員。ノンフィクション作品に『夢を駆けた男たち』『原告・宮津裕子』、有沢創司の筆名で『終りなき伝説―ソニー大賀典雄の世界』、フィクション作品に『ソウルに消ゆ』(第5回日本推理サスペンス大賞受賞)『ガイアの季節』『三たびの銃声』などがある。1999年から2004年まで産経新聞に連載した『古代からの伝言』は、ノンフィクションのタッチで「日本書紀」の世界を再現し、反響を呼ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)