角川文庫<br> 古代からの伝言 壬申の乱

個数:
電子版価格 ¥583
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
古代からの伝言 壬申の乱

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月07日 06時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 240p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043828067
  • NDC分類 913.6

内容説明

天智天皇の死後、大友皇子を担ぐ近江朝は、吉野に隠棲した大皇弟・大海人皇子(のちの天武天皇)を警戒し、圧迫を強めた。危機を察知した大海人皇子は吉野を逃れ、東国で挙兵。ついに壬申の乱が勃発する―。激戦、奇策、そして圧勝へ。聖徳太子以来の理想を受け継いだ天武天皇は、いかにして勝利し、新国家建設にむけての巨歩をふみだしたのか。乱をめぐる人々の素顔とともに、古代最大の内乱を初めて精密かつリアルに描く。

目次

勃発
近江と吉野
高市皇子
飛鳥を制す
宿命の皇女
戦旗燃ゆ
逆転
近江決戦
歴史の審判

著者紹介

八木荘司[ヤギソウジ]
1939年、兵庫県生まれ。京都大学文学部卒業。63年、産経新聞社入社。大阪本社編集局社会部長、同編集長、東京本社論説委員長を経て、編集特別委員。フィクション作品に『ソウルに消ゆ』(第5回日本推理サスペンス大賞受賞)などがある。1999年から2004年まで産経新聞に連載した『古代からの伝言』は、ノンフィクションのタッチで「日本書紀」の世界を再現し、反響を呼ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)