• ポイントキャンペーン

角川文庫
借金王

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 227p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043629015
  • NDC分類 673.9

内容説明

数々の事業の成功と失敗、交通刑務所暮らし、生活保護を受ける日々、死にかけた大腸ガンからの生還、そして一時は不動産王としてのし上がるが、バブル崩壊で一挙に100億円もの大借金を背負ってしまった著者。大儲けと大損、成功と失敗を繰り返す七転び八起き人生を通じて、決して絶望することなく著者がつかみ取った、前向きな「開き直り」の商売哲学とは?この大不況の時代に、しぶとく力強く生き抜くヒントが示された、異色の人生エッセイ。

目次

第1章 「バブル崩壊王」の誕生(借金100億円でも幸せな毎日;行員が健康チェック ほか)
第2章 大儲けと大損くり返す商人魂(搾乳機かついで全国行脚;「楽」農家になりなさい ほか)
第3章 堕ちた果てのどん底生活(不覚の飲酒運転;金網フェンスの「刑務所」 ほか)
第4章 ふくらみきった夢とビジネス(電話一本で一億二〇〇〇万円を手に;麻雀で六〇〇〇万円がパー ほか)
第5章 宴のあとに残る借金そしてロマン(取引は人生の縮図;土壇場での逆転勝利 ほか)

著者紹介

小島宣隆[コジマノブタカ]
1938年東京生まれ。不動産会社「共栄地所小島株式会社」代表取締役社長。東京外語大中退後、数々の商売を興し、失敗と成功を繰り返す。86年から不動産業に参入し、不動産王に。バブル崩壊後は一挙に百億円の大借金を抱え、現在に至る。しかし、その体験と、「開き直り」根性、生命力を武器に、商売哲学・人生論を各マスコミや講演会を通して語る一方、借金に悩む人々の相談にのる毎日

出版社内容情報

かつては不動産屋として大成功をおさめながら、バブル崩壊で背負った膨大な借金と闘い続け,ロマンを失わない著者が綴る,ダイナミックな人生再生術とは?