角川文庫 角川ソフィア文庫
フランスには、なぜ恋愛スキャンダルがないのか?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 261p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043500017
  • NDC分類 384.7
  • Cコード C0136

内容説明

ミッテラン大統領に隠し子がいた!しかし、本人をはじめフランス人の反応は平静そのもの。“Et alors?(それで)”日本やアメリカと大違いのこの状況、フランス独自の恋愛文化に秘密があった…。フランス人にとって、恋愛とは生きることそのもの。愛を語り愛に生き、「ふたりの関係」を至高の芸術作品に創りあげるカップルたち。この熱い熱い情熱は、いったいどこからほとばしるのか?恋愛の歴史、恋愛観、現代恋愛事情まで、フランス的精神の粋に迫る“アムール”の書、決定版。

目次

第1章 恋愛スキャンダルのない国
第2章 すべての人間関係は“恋愛”の匂い
第3章 恋愛の歴史―フランスをかたちづくったもの
第4章 恋愛至上主義のウラにあるもの
第5章 現代フランスのカップル形態
終章 フランスには、なぜ恋愛スキャンダルがないのか?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nranjen

5
図書館本。1990年代、おそらく地球の裏表ぐらい異なる男女関係が展開されていた、フランス社会におけるカップル、一人の人間と一人の人間との関係が、どのように出来上がってきたのか、その制度の変遷も含め、説明したもの。宮廷社会、キリスト教、共和制におけるブルジョワ社会、それからボーヴォワールに1968年革命…。『エミール』に続編があったとは驚き。2020/11/28

ひろただでござる

0
ありきたりの内容でつまらなかった。2012/06/18

AA

0
フランスにおける恋愛スキャンダルの位置づけから、フランス人の恋愛観やそれを取り巻く歴史・法律についてわかりやすく解説されている。確かに子供は、母親Aと父親Bの子供、でいいよね。どこの「家」の子じゃなくて。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/210436

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。