角川ホラー文庫<br> ΑΩ(アルファ・オメガ)―超空想科学怪奇譚

電子版価格 ¥858
  • 電書あり

角川ホラー文庫
ΑΩ(アルファ・オメガ)―超空想科学怪奇譚

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 501p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043470068
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

旅客機の墜落事故。乗客全員が死亡と思われた壮絶な事故現場から、諸星隼人は腕一本の状態から蘇った。一方、真空と磁場と電離体からなる世界で「影」を追い求める生命体“ガ”は、城壁測量士を失い地球へと到来した。“ガ”は隼人と接近遭遇し、冒険を重ねる…。人類が破滅しようとしていた。新興宗教、「人間もどき」。血肉が世界を覆う―。日本SF大賞の候補作となった、超SFハード・アクション。

著者等紹介

小林泰三[コバヤシヤスミ]
1962年、京都府生まれ。大阪大学基礎工学部卒業、同大学院修了。現在、大手家電メーカー勤務。1995年「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Bugsy Malone

69
超空想科学怪奇譚、このサブタイトルで気づかなかったとは。真ん中まで読み「空想科学」に成程と思い、終盤まで読んで「怪奇譚」に頷く。そして読み終わった後、これはホントに「超」だと納得した。小林さんらしいお茶目さ、グロさ、そして正統なSF要素も詰まったとても面白い作品でした。2016/08/23

Zann

45
★★★☆☆本書は『綺麗事を排除したウルトラマン+ヤスミンテイスト+エログロ』といった本である。お気に入りさんから以前お薦めされた本だが、SF苦手な私にはかなり手強かった。まずエイリアンの世界観がわからん。『抜粋)外部領域との境界部には電流が流れており、二つの領域の磁界を完全に遮断していた。』もう「は?」しか言えねえ。地球に舞台を移してからはグログロのオンパレード。読んでる最中の★評価はかなり低めだったのだが、ラストに鳥肌物の超ド級が来た。思わず特別枠にしようかとも思ったが、あえて中途半端な評価で。(21)2020/04/17

はな

37
【角川文庫全文試し読みフェア】飛行機墜落事故現場での遺体確認中に起こるホラーな展開から一転して、第一部で語られるガの話がガチガチのSF。全然SFに読みなれてないので何度も振り落とされそうになりながらも、第二部に入ってからは比較的スムーズに楽しめた。(深く考えることを放棄)ストーリー自体は「影」を倒すという至ってシンプルなもの。汁気満載ぐちゃぐちゃドロドロまみれの後の、切なくも美しいラストにちょっとグッときた。体調不良のぼぉ~っとする頭で最後まで読んだ自分を褒めたい!長かった!笑。2018/12/02

まえすとろ

37
小林 泰三による侵略型SFホラー小説。思想を異にする2体の宇宙知的生命体が地球に降り、地球の生命体に寄生し戦いを繰り広げるというプロットはハル・クレメントが1950年に発表した侵略SFの古典「20億の針」を始めとしてロバート・A・ハインラインの『人形つかい』、1987年のアクションホラーSF映画『ヒドゥン』のホラー感覚、スティーヴン・バクスターの宇宙高等知的生命体同士の対決を描いた「ジーリー・サーガ」など様々なSF作品を一つの鍋に入れて和製SF映像作品を調味料に加えたトンデモSFスプラッターホラー作品。 2015/03/08

K

35
『影』と呼ばれる存在を討伐すべく、地球へとやってきた『ガ』。彼は地球の環境に適応するために地球人『諸星隼人』と融合し、共生関係を築くこととなった。彼らは『白い巨人』に変身し、『影』の生み出すグロテスクで異形な怪獣たちを屠っていくが...というお話です。キツイ箇所もいくつかありましたが、全体的にかなり面白かったです!話が進むにつれ肉体が崩壊し始める主人公や壊れていく世界という退廃的で絶望感溢れる展開が漫画版『デビルマン』を彷彿とさせます。その内容に反して美しさをも感じてしまうラストには 思わず感動しました。2019/01/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/534274

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。