角川文庫<br> もの食う人びと

個数:

角川文庫
もの食う人びと

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 365p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043417018
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C0195

内容説明

人は今、何をどう食べているのか、どれほど食えないのか…。飽食の国に苛立ち、異境へと旅立った著者は、噛み、しゃぶる音をたぐり、紛争と飢餓線上の風景に入り込み、ダッカの残飯からチェルノブイリの放射能汚染スープまで、食って、食って、食いまくる。人びととの苛烈な「食」の交わりなしには果たしえなかった、ルポルタージュの豊潤にして劇的な革命。「食」の黙示録。連載時から大反響をよんだ感動の本編に、書き下ろし独白とカラー写真を加えた、新しい名作文庫の誕生。

目次

旅立つ前に
残飯を食らう
食いものの恨み
ピナトゥボの失われた味
人魚を食う
ミンダナオ島の食の悲劇
食と想像力
胃袋の連帯
うどんの社会主義
ベトナム銀河鉄道〔ほか〕

この商品が入っている本棚

1 ~ 5件/全5件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鉄之助

350
初っ端から、刺激的。ダッカの”残飯市場”から旅が始まった。時代は、バブル前、飽食のニッポンである。「東京では日々50万人分の食事が捨てられている。いつか、それが逆転はしまいか」。辺見傭の視点に、思わず引きずり込まれた。現代日本の危うさ、が既に予言されているようだった。エイズの村やチェルノブイリの放射能汚染地域…その現場に足を運び、時には一緒に暮らす筆者だからこその説得力があふれていた。「食」の前には、民族も主義・思想もみな平等…。27年前の発刊だが、全く古さを感じさせないノンフィクションの名作だった。2021/08/22

ゴンゾウ

106
10数年前の再読。飽食の国日本から世界中の食をテーマにした渾身のルポ。飢餓と貧困にあえぐアジア、民族・宗教・政権交代に揺れる東ヨーロッパ、チェルノブイリの原発汚染地帯、エイズ汚染に苦しむアフリカ、日本の占領下の影響が未だに残る韓国それぞれに食がある。生きる為にはどんな状況下でも食わなければならない。美食とかけ離れた食があった。飽食日本を憂う。2016/06/29

ふう

100
本で読むだけでもつらいけど、実際にそこに身を置き、自分の目で見たら…耐えられないかもしれません。他人の残飯を食べて生きる人々。支援物資だけが頼りの人々。放射能に汚染されたものを食べる人々。世界のゆがみはますます大きくなり、世界中を知ることができる時代なのに、知らされないことが増えていくような気がします。知らなければ、このゆがみをなくしたいと考えることも行動することもできません。でも、知ってもどうすることもできずに、これからも変わらない生活を続けるしかないのでしょうか。2020/10/30

☆よいこ

94
「食」を基軸として世界各国の紛争地や飢餓地域へ赴き、体当たりの取材をした衝撃のルポルタージュ。執筆は1992年〜1994年。▽現実世界の残酷さと命の軽さと重みを感じる。頭上を砲弾が飛ぼうとも放射能が降ろうとも人は喰う。生きている。口絵の写真が、このルポがファンタジーでもVRでもなく真実なのだと強く印象づける。2021/06/07

TCD NOK

87
世界各地の食についてのルポルタージュだが、少し前に読んだ「被差別の食卓」とはまた異なる。被差別の~は、料理・食材に対してソウルフードとしての誇りや矜持があったが、今書は極限の生活、ほとんどが内戦やクーデターなどに巻き込まれたうえでの配給品や、刑務所内の食事など生きるために目の前にあるものを食べ物について紹介している。 25年も前に書かれた本だが、現在は著者が訪れていた国や地域がどうなっているのか気になる。2019/05/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/528225

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。