角川文庫<br> 入れたり出したり

電子版価格 ¥506
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
入れたり出したり

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 205p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041801130
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

分類―それはすべての煩悩を生み出す本能的働き。食事、排泄、生死からセックスまで人生は入れるか出すか。携帯電話をかけるか、かけられるかが人気のバロメーター。見られるために大枚をはたいて買う勝負パンツも、大抵の男は見ることがない。この世界の現象を二つに極めれば、人類が抱える屈託ない欲望が見えてくる。盲点をつく発想で世の常、人の常をゆるゆると解き明かした分類エッセイ。

目次

わかれる宿命(入れたり出したり;燃えるものと燃えないもの ほか)
わかれたくもなし(もらう、あげる;大と小 ほか)
わかれたつもりが(かける、かかってくる;馬鹿女と女馬鹿 ほか)
わけずにいられず(○と□;スネ夫とジャイアン ほか)
わかれゆくもの(敬語とタメ口;清潔と不潔 ほか)

著者等紹介

酒井順子[サカイジュンコ]
1966年東京生まれ。高校在学中より、雑誌にコラムを執筆。立教大学社会学部卒業後、広告代理店に就職。会社員を経て、現在執筆業に専念
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

naji

11
日常の中の何気ない二項対比をここまで考察するとは面白いです!2018/03/10

caizi

7
重箱の隅をつつくような着眼点に感心しきりだった。思わず「ぶふぁっ」と笑ってしまう箇所数知れず。挿絵がほのぼのしててほっこりもできる本でした。2019/02/19

🦈サト🦈

7
あーわかるわー。と思いながら読了。 僕もどちらかといえば分けたがり、分類常習者だったんだな。 とはいえここまで屁理屈だらけではないけどな。 自分がなんとなくやっていた分類をここまで屁理屈で理由付けしてくれると、なんとなくそんな気がしてきてしまう。 面白かった。 自分のみに迷惑が降りかからない屁理屈は非常に面白いよね。 ミスの言い訳とかの屁理屈は嫌いだけれども。2015/05/13

ピオリーヌ

6
著者の観察力の高さを改めて感じる。ディスカバリーミトン運動の箇所が特に好き。ミトンの可愛さは普遍的なのだ。2018/12/09

17

2
本文に登場するところの「ムッツリ」タイプの人なら、「あ〜わかるわかる」と共感しまくりつつ、でもやっぱり作者の着眼点の細さと深さにプッと吹き出しそうになるであろう1冊。2018/03/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/530215

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。