角川文庫<br> 会社人間失格!!

電子版価格 ¥506
  • 電書あり

角川文庫
会社人間失格!!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 279p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041801086
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

バブル絶頂期に大学を卒業後、広告代理店で総合職OLとして好調なスタートを切った著者。しかし入社はや一か月で気づいてしまった衝撃の事実「私って、会社人間失格!!」やり手のキャリアウーマンにもキャピキャピのOLにもなりきれず、戸惑いと驚きの日々の中で遭遇するたくさんの難題。コピー地獄、会議中の睡魔、「協調性」のワナ、職場旅行、はては会社の辞め方等々…。三年間のOL生活から垣間みた摩訶不思議な常識や人間模様を思う存分綴った、本音の会社エッセイ。

目次

会社編(新生物“女ダメ社員”からの提言;建設的なOLの顔;おいしい“オカズ”が欲しい ほか)
世の中編(風邪っぴきの立場;最も着たくないもの…OLの制服;週休二日の犠牲者は誰? ほか)
ワタクシゴト編(社内恋愛、好きですか?;新・おごられる側のマナー;スカしたOLになってみたかった ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nao1

18
93年。大企業のバブルの申し子の実態。いくら残業があったってお給料がそれなりな時代はどこか満足な気持ちでいられたような気がする。災害に対してもお気楽。会議もマジメに参加しているとは思えないし、私用電話や外回り中のお買い物など堂々と書いている。今の酒井さんだったらもっと言葉を選んだだろうけど、時代が寛容だったんだな。「省エネルック=半袖の背広」などという気持ち悪いものを政府が推していたとは?!2016/09/24

xtc1961ymo

3
酒井さんが兼業(広告代理店)から文筆業一本に絞る境目に新聞に連載された、エッセイ。バブル絶頂期に大学を出た、著者らしく、時代がかってはいますが、うしろからちょっと引く割には決めつけ大胆とゆう、ものの見方は変わらず笑わせられます。「社内恋愛、好きですか?」が一番笑えました。頷きっぱなしでした。2015/01/18

ソル

2
バブルが崩壊してから随分たちますが、会社の中はそうそう変わらないのね。特に前半は私?私が書いた?(ムリ)ってくらい分かる~って感じでした。まあ、世代がどんぴしゃだしね。2013/08/27

xxxxxx

0
言わんとすることはわかるけど、妙なハイテンションの語り口にいら。時代が時代だから仕方がないけれど、9.11とか、東北の大震災とか経験してる私たちからしたら、不謹慎が過ぎていて途中は本当に気分が悪かったです。内田樹さんがサカジュンおすすめしていたから読んだけれど、すべてが古すぎて、私は受け入れられなかった。2015/01/15

Kiyoko

0
この本は、苦笑しながら読んだ。デスク都市論とか、会議室の予約とか、会議中のお弁当の出前とか・・・ささいな会社生活の中で、ああ、こういうのってあるなぁと思う事を、気持ちよく書いてあります。一時期たしかに忙しくて机を片付ける暇もなく、書類に埋もれて、キーボードを置くのがやっとという時に、資料を読まないと行けなくなって、空いている机を借りた覚えが。これはデスク都市論でいう「成熟期」ですね。そして、誰もいないのに、ドサドサと資料などが崩れ落ちるとなると、崩壊ですw。その前に地下進出もありましたね。2013/01/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/529917

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。