角川文庫<br> N・P

個数:
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
N・P

  • 吉本 ばなな【著】
  • 価格 ¥572(本体¥520)
  • 角川書店(1992/11発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 25pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年11月27日 15時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 231p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784041800034
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

97本の短編が収録された「N・P」。著者・高瀬皿男はアメリカに暮らし、48歳で自殺を遂げている。彼には2人の遺児がいた。咲、乙彦の二卵性双生児の姉弟。風美は、高校生のときに恋人の庄司と、狂気の光を目にたたえる姉弟とパーティで出会っていた。そののち、「N・P」未収録の98話目を訳していた庄司もまた自ら命を絶った。その翻訳に関わった3人目の死者だった。5年後、風美は乙彦と再会し、狂信的な「N・P」マニアの存在を知り、いずれ風美の前に姿をあらわすだろうと告げられる。それは、苛烈な炎が風美をつつんだ瞬間でもあった。激しい愛が生んだ奇跡を描く、吉本ばななの傑作長編。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おしゃべりメガネ

172
数多く女性作家さんがいる中で、好き嫌い云々ではなく自分の中で別次元に位置する作家さんです。もちろん代表作である『キッチン』や『TSUGUMI』も素晴らしいのですが、初期の頃、作者さんが書きたかったのは、きっとこういう作品だったのかなと(勝手ですが)思う内容でした。とにかく不思議な世界で、なんとも言い表せないのが、うれしくもあり、ある意味残念でもあります。今もなお素敵な作品を書き続けている作者さんですが、今一度初期の頃の作品を手に取り、そのクリアで不思議な世界を堪能してほしいです。やっぱり女性は是非!

おしゃべりメガネ

147
本作も20数年の時を経ての再読です。一時期、凄まじい勢いで私の‘読書欲’を支配した「よしもとばなな」さんですが、今作はおそらく初期の頃の作品において集大成的な位置づけになるのではと。とにかく1文1文はもちろん、一文字一文字でさえ、美しさをいかんなく発揮し、会話の流れや雰囲気にはまったく隙のない確立された「ばななワールド」が立ちはだかります。不思議な人物や出来事が、一つ、また一つと進んでいきますが、その不思議感が全く違和感なく、物語に溶け込んで描き続けるばななさんは、やっぱり他の追随を許さないでしょうね。2015/09/27

ヴェネツィア

107
ランダムに読んできたが、ばなな作品もこれで24作目。これは他の彼女の物語の文体とは明らかに異質だ。「秋が牙をといでいる。時間がたたないなんて錯覚だったというふうに、ある朝突然冷たい風や高い空で思い知る。」―こんな風な表現は、まさしくばななの小説の真骨頂なのだが、語り手の風美をはじめ、他の3人いずれもの人物造形が抽象的で、生活感に乏しいのだ。彼ら同士の関係性もまた、本来は濃密であるはずなのに、希薄感がぬぐえない。近親相姦のテーマもどこか遠い。作家にとって、新しい小説の方向への模索期だったのだろうと思われる。2012/11/25

藤井寛子

97
呪われた本を訳してた元カレが死んでしまった……。今を懸命に生きている人にオススメの本。たまに死にたくなるような不幸を人それぞれ抱えている。死にたくなるような誘惑をたちきれる健全な心があるかどうか。そんな死にたくなるような物語ってどれだけの威力があるんだろう。そんな物語書きたくないわ2015/10/27

ミカママ

61
これもばななさんの初期の作品のようです。繊細な言葉選びとか極端にキャラの濃いひとびとなんかが特徴なのかなぁ。登場人物がどれも痛々しすぎて、いくらなんでもちょっとこれはないんじゃ?という気持ちがぬぐえませんでした。全体を覆う雰囲気は好きです。2013/12/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/574026

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。