角川文庫<br> 消失〈下〉―金融腐蝕列島・完結編

電子版価格 ¥907
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
消失〈下〉―金融腐蝕列島・完結編

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 572p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041643266
  • NDC分類 913.6

内容説明

経営再建中の巨大スーパー・ダイコーの不良債権に関する隠蔽資料の存在が内部告発される。金融庁のターゲットは、4大メガバンクのうち、大型増資に失敗したJFG銀行に絞られた。もはや巨額赤字は避けられない。竹中たちに、未来はあるのか?最強の営業力を誇ったメガバンクはなぜ消滅しなくてはならなかったのか。金融当局の狙いは何だったのか。金融大再編に至る銀行業界をリアルに描いた経済小説の金字塔、ついに完結。

著者紹介

高杉良[タカスギリョウ]
作家。1939年東京生まれ。専門紙記者・編集長を経て、75年『虚構の城』でデビュー。以後、綿密な取材に裏打ちされた企業・経済小説を次々に発表。97年、『金融腐蝕列島』で銀行不祥事を暴き、ベストセラーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)